ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

ホラー小説「ぼぎわんが、来る」が面白い。途中まで最高で最後がちょっとだけ残念

calendar

ホラー小説の「ぼぎわんが、来る」が面白かったです。
最後がちょっとだけ残念。

スポンサーリンク

ぼぎわんが、来る

ホラー小説の「ぼぎわんが、来る」を読みました。
第22回日本ホラー小説大賞受賞作です。

幸せな新婚生活を営んでいた田原秀樹の会社に、とある来訪者があった。取り次いだ後輩の伝言に戦慄する。それは生誕を目前にした娘・知紗の名前であった。正体不明の噛み傷を負った後輩は、入院先で憔悴してゆく。その後も秀樹の周囲に不審な電話やメールが届く。一連の怪異は、亡き祖父が恐れていた“ぼぎわん”という化け物の仕業なのだろうか? 愛する家族を守るため秀樹は伝手をたどり、比嘉真琴という女性霊媒師に出会う。真琴は田原家に通いはじめるが、迫り来る存在が極めて凶暴なものだと知る。はたして“ぼぎわん”の魔の手から、逃れることはできるのか……。怪談・都市伝説・民俗学――さまざまな要素を孕んだ空前絶後のノンストップ・ホラー!!

これを読んだだけですぐ購入。

さらにAmazonのページを見ると映画化決定だそうです。

映画化決定!!!
映画「来る」 監督:中島哲也
出演:岡田准一 黒木華 小松菜奈/松たか子/妻夫木聡

このホラーがどのように映画化されるのか非常に興味あります。
楽しみです。

※以下、ネタバレあります。

 

途中まで最高で最後だけちょっと残念

途中までは最高の展開でした!
どんどんページをめくってしまう展開。

で、最後の方だけがちょっと残念かなと。

得体のしれないバケモノが出て追いかけてくる話。
このような幽霊とか悪霊の類が出てくるものは大抵決まって強力な霊能力者が出てきて退治する。
「ぼぎわんが、くる」も同じです。

最後は超強い霊能力者がバケモノを退治します。
その戦いのシーンだけがちょっと残念だったかなと。

途中までは最高でした。
得体の知れない悪霊のようなものに追いかけられる。
なぜ追いかけられるのか、そもそも何に追いかけられているのか。

とうとう追いかけられていた夫が殺害されてしまうが、その妻が悲しむよりも「夫がいなくなってよかった」と思っている描写も意外。
その後、その子供もバケモノに狙われるところも怖い。

最後は予想できてしまうのが残念

超強い霊能力者の妹やそれなりに力のある霊能力者でもまったく歯が立たなくて「一体どうするんだろう」とハラハラしながらどんどん読み進めてしまいます。
が、この時点で最強の霊能力者がまだ出てこないので「最後はこの人が戦って倒すんだろうな」と予想できてしまいます。

そこが残念。

途中までバケモノの怖さ、得体の知れない怖さ、対処しようもないどうしようもない絶望感が面白い。
でも、、、、最後は超強い霊能力者がパッと倒してします。
(それなりに苦戦していますが)

途中まで最高によかったのに最後は予想通りとなってしまうので残念でした。

ただ、面白かったのは間違いありません。
未読の方はぜひ読んで見てください。

 

【関連記事】
ホラー小説「どこの家にも怖いものはいる」。複数の怪談に感じる共通点は残穢を思い出す

ホラー小説の拝み屋怪談シリーズが好き。「花嫁の家」が怖い

ホラー小説「熱帯夜」が面白い。「最後の言い訳」が斬新

【編集後記】
昨日は静岡の三島にて税務調査の相談。
その後に戻って別の調査の相談。
たまにしか新幹線に乗らないのでワクワクします。

【イクメン日記】
すっかり飛行機にはまりプラレールはまったく遊ばなくなりました。
処分しようとすると怒るので厄介。。

【一日一新】
静岡三島

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録