ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「かわいそ笑」読了。本当に怖い。再読したいけど怖い

calendar

小説「かわいそ笑」を読みました。
一読では完全に理解できなかったのですが再読するのが怖い。

スポンサーリンク

小説「かわいそ笑」

小説「かわいそ笑」を読みました。
以前から書店で見かけていて気にはなっていたのですが、まだまだ積読が多くスルーしていました。
紙の本にハマって何か買おうと書店をぶらっとしていたときにまた見つけて思わず購入。

「死んだ人のことはちゃんと可哀想にしてあげなきゃ駄目でしょう。」
一度読んだら引き返せない、怪異が侵食する恐怖のネット怪談。

とあるようにホラーです。
ホラーと怪談の違いはよくわかりませんが、とにかくそっち系の話です。

「ネット怪談」に少し引っ掛かりましたけど怪談は見過ごせないので購入。

一読では理解できない

私の理解力が足りないのですけど、一回読んだだけでは理解できないところがたくさんありました。
理解できないからもう一回読みたいところなのですが、、、読み返すのが怖い。

読み返すのが怖い理由は

「もうやり直せないよ 残念でした」

とあるから。

さらにカバーを取ったところに書いてある言葉が意味深で恐ろしさを感じたから。
その言葉を見て「え?」となりました。
かわいそ笑

先ほど書いたように一回読んだだけでは完全に内容を理解できませんでした。
が、怪談やホラーでたまにある読者参加型というか、拡散してもらう系というか。
多分そんな系統なのだろうなと。

昔のネット

私はよくわからなかったのですが、一昔前のネット上で行われていたやり取りがでてきます。

インターネット上に伝わる多くの怪談。
その中に何故か特定の「あの子」が被害にあう奇妙な怪談が出回っていた。

とある掲示板のQRコード、インタビューの書き起こし、出典不明な心霊写真、匿名のメールデータ。

ネット怪談とあるようにネット上に出てくる怪談を集めたような話です。
なぜか特定の子が被害にあう話が多いと。

本当に怖いのは、完全に理解はできないけど何か恐ろしいことをやっている・起こっていることがわかること。
かわいそ笑

理解できないのに不気味なことって恐ろしいですよね。
グロさは無いのですけど気味が悪い。
ハッキリと分かりやすい話があるわけではないので読みにくいと感じる人も多いかもしれません。
私も読みにくかったです。。

気味が悪い本を読みたいならぜひ。。

→ かわいそ笑

 

【編集後記】
昨日は税務調査対応、確定申告など。
法定調書も少し。
いい加減スマホを変えようかと。

【イクメン日記】
新学期始まったばかりなのに宿題が多いとぼやいています。
短縮授業で早く帰ってきているのでいいかなと。
二人ともタイピングを頑張っているようで。

【一日一新】
100円ショップ クラッカー

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録