ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

ホラー小説「どこの家にも怖いものはいる」。複数の怪談に感じる共通点は残穢を思い出す

calendar

ホラー小説の「どこの家にも怖いものはいる」を読みました。
残穢を思い出す怖さです。

スポンサーリンク

複数の怪談に感じる共通点

ホラー小説の「どこの家にも怖いものはいる」を読んでみました。
途中まで先が気になって電車を乗り過ごすくらいハマりました。

内容としては、複数の怪談に共通点を感じて・・・。

作家の元に偶然集まった五つの《幽霊屋敷》話。時代、内容、すべて違う五つに共通点を見つけた時、ソレは貴方の部屋にも現れる……?

ホラー作家の元に寄せられた怪談。
その中になんとなく似ている・どこかで読んだことがある話がある。
その話の共通点を探っていく話です。

※以下ネタバレあります。

 

残穢を思い出す

時代も場所もすべて違う。
なのにどことなく同じような内容の怪談話が寄せられる。

この内容を聞いて思い出すのは「残穢」です。
小説残穢私が大好きな「屍鬼」を書いた小野不由美のホラー小説です。
映画も観ました。

関連小説「残穢」(ざんえ)の感想。ゾクゾクくる怖さ!でもちょっと物足りない

「残穢」も「どこの家にも怖いものはいる」も直接的なバケモノが出てきて殺戮するような内容ではありません。
グロい表現も少ないのでホラーが苦手でも読めるでしょう。
でも、、、読んだ後に怖くなるかも。

年代も場所も違うのに同じ怪奇現象

年代も場所も違うのに似たような怪現象が起こるのは両方に共通しています。

ホラー小説家に寄せられた怪談話。
どこかで読んだことがある・なんとなく似ている怪談話を以前にも聞いたことがある。
調べてみると場所も年代も違う。
なのに、、、どこか共通点がある。

これだけで怖いですよね。

どんな共通点があるのか、原因はなんなのか、どうして違う場所で同じ現象が起こるのか?
解明していく過程が非常に面白い。

両者で違うのは「残穢」は怨念が拡散して色々な場所で・・・・、
「どこの家にも怖いものはいる」は違う場所のように思えて実は同じ場所で・・・。

関わると祟られる

そう考えると「残穢」の方が怖いですね。
「聞いても祟られる・話しても祟られる」、だから拡散する。

聞いても話しても祟られるなんて恐ろしい。。

「どこの家にも怖いものはある」も解明していく中で怪現象を体験しています。
関わるから・・・。

まとめ

「どこの家にも怖いものはいる」は本の内容そのままに「あれ、この本の内容ってどこかで・・・」と思わされます。
それが怖さの一つ。

オチは残念な感じではありますが面白いです。

未読の方はぜひ読んで観てください。

【関連記事】
ホラー小説「リカ」が怖い。得体の知れない相手とのやり取りは本当に怖い

小池真理子の小説が好き。ホラー・サイコ系が面白い

小説「モンテクリスト伯」「屍鬼」が何度読んでも面白い!

【編集後記】
昨日は個別相談が1件、税務調査の相談が2件。
SIMフリーのタブレットもありだなぁと思ってヨドバシを物色。
なぜかOSが古いものしかないんですよね。
iPadしかないのかな。。

【イクメン日記】
勝ち負けに関わらず純粋にゲームを楽しんでいる姿がいいです。
ビリでも負けても楽しそう。
もうちょっと大きくなったらゲームでケンカになるのでしょうね。。

【一日一新】
とある業種からの相談
ヨドバシで時計の電池交換

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録