ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

生活できるだけ稼げればいいけどお金が原因で子供の選択肢を狭めたくない

calendar

生活できるだけの収入で十分。
とはいえ、お金が原因で子供の選択肢を狭めたくはないですね。

スポンサーリンク

拡大しないことの悩みはお金

独立後はどれだけ仕事をするのかは自由。
頑張って営業してどんどん仕事取ってガンガン稼ぐこともできます。
もちろん本人の能力次第ではありますが。

私は稼ぎたいとは思わないです。
もちろん少ない時間でたくさん稼げた方がいいわけですからその状態になれれば理想です。
現実はそんなに甘くはないので難しいところです。

独立当初は仕事がないですから頑張って営業しないといけない。
ある程度経ってくると仕事が増えてきて、もっと増やすか・減らすかを決断するときがきます。

たくさん仕事を取ればお金はもらえるけど時間はなくなります。

生活できるだけのお金があればいいかなと。
ただ、後述するようにお金が必要となる場面もあります。

拡大しないことの一つの悩みはお金です。

子供の選択肢を減らしたくはない

ただ悩ましいのは子供に関するお金。
特に教育資金。

万が一、医者になりたい・留学したいとか言われたときにお金を出してあげることができるかどうか。
近い将来だと学習塾。
もう少し大きくなると塾に行きたいといいだすかもしれません。

現在であれば習い事。
今日急に「サッカーやりたい」「空手やりたい」とか言い出すかもしれません。
毎月の月謝が払えるか。
テニスラケットとシューズの画像

生活できるだけのお金しかないと子供のやりたいことをやらせてあげられなくなってしまう可能性があります。
習い事程度であれば大丈夫かもしれない。
でも、医者になりたいとかだと無理。

本人の資質の問題もありますが、それ以前にお金がないから挑戦もさせてあげられないのは避けたい。

思い返してみると自分もかなり親に無理を言っていたのかなと。
小学校5年生くらいから中学3年まで塾に通い、私立の高校・大学に行かせてもらいました。
親になった今だからわかりますが、これだけで相当な負担だったはずです。

妹にしわ寄せがいってしまいました。
妹は公立しか行かせられないと言われていたのです。
本人はそれほど重く考えていなかったようなのですが申し訳ないことしたなと。

ウチも二人いますので下の子だけやらせてあげられないのは避けたいです。
長男は志望校に行けたのに次男は行かせられないとか。。

何をしたいのか、どの学校に行きたいのかは本人たちに任せるとして、
それをやらせてあげられるお金を用意しておくのは自分の役目かなと考えています。

先日読んだ「パパの柿の木」
パパの柿の木の画像いつどうなるかわかりません。

そのときのために子供たちが困らないように・好きなことができるように準備はしておきたいです。

子供のために、と思って誕生日でもないのにすぐゲーム買ってしまうので妻に怒られていますが・・・。
マリオメーカー2

【関連記事】
ストレスになる行列はなるべく避ける。時間をずらす・ちょっとお金を払う

お金がかかることを伝えるのはフィルターになる。フィルターはいくつか作っておく

お金の使い方。投資になるかの見極めが難しい

【編集後記】
昨日は税務調査の相談。
まだ異動前ですがちょくちょくあります。
少し前に買ったFit boxingはまだ続いています。
大分慣れてきましたがまだ筋肉痛になることも。

【イクメン日記】
お風呂、歯磨きなどようやく全て一人でできるようになってきました。
次男はまだまだですが。
手がかからなくなるのは楽ですが寂しくもありますね。
オムツをかえていたのが懐かしい。

【一日一新】
次男のランドセル届く

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録