ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

広告に騙されない!広告主の都合の良いようにできているので注意

calendar

reload

広告に騙されない!広告主の都合の良いようにできているので注意

先日テレビを見ていて気付いたことがあります。
見せ方に注意しなきゃいけない、ということ。

テレビに限らず、広告とかもそうですが良く見せようとしている
ものは気を付けないといけません。

何か裏がないか、は常に注意しましょう!

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-NKJ56_syanainoturikawa-thumb-1000xauto-15472

情報操作はいくらでもある?

先日テレビを見ていて不快に思ったことがあります。

番組名は覚えていませんが、内容は自分で自宅に放火して
火災保険金を騙し取ろうとしていたものです。

家族旅行中に火災が起きたので誰かが放火したように見えるけど
犯人は夫か妻のどちらか、というもの。

家族旅行の3日目に火災が起きたのに、犯人は夫か妻。
どうやって火をつけたのか? というところは面白かったです。
(大きなロウソクを使った)

ただ、犯人が夫か妻かというところで明らかな情報操作がありました。

妻には夫に隠れた借金がある、とはじめに説明があったのです。
若い男に貢いで作った借金だと。
いかにも妻が怪しい、という感じで話が進んでいったのです。

結果は、夫が犯人だったんですけどね。
最後の最後で「実は夫にも借金がありました」と。
借金返済のために火災保険を騙し取ろうとしたとか。

これ、ひどいですよね。

妻だけ借金がある、みたいな感じで説明していたのに
最後の最後で「実は夫も借金があった」とか。

最初に言ってくれよ!と思いますよね。

最初に夫と妻の両方とも借金がある、と説明しないとフェアじゃないですよね。
テレビなので面白くしようとしているのでしょうけどね。。

ウソを言っているわけではないので責めることもできないです。

広告には注意が必要

世の中には広告があふれています。
広告を目にしない日はないでしょう。

この広告ですが、裏がないかよく注意しましょう。

広告の小さい字が大切

最近では、iPhoneが発売されてドコモ・au・ソフトバンクがすごい広告をたくさんだしています。
割引、キャンペーンとかいいことばかりが目立ちますが、
本当に大切なのは小さい字で書いてること。

違約金がかかる、キャンペーンは適用できない場合がある、この金額は下取がある場合です、などなど。
安い!と思って飛びつくと痛い目にあうことも。

不動産も注意

有名なのは不動産の広告ですよね。
これも本当にヒドイ。

「今の家賃と同じ額で買えます」とかですね。
月々9万円~、なんて大きく書いておきながら
小さい字で、ボーナス払い20万円とか。
2015-09-15_1201

 

マンションだとほかに管理費がかかったりするのに、その辺は小さく書いてあったり。

よく言われますが、小さい字はよくみましょう。
法律で規制してほしいくらいです。

求人広告も注意しましょう

ちょっと前にも書いたのですが求人広告にも注意しましょう。
あくまで広告ですから、いいことしか書いてなかったりします。

私は何度か転職していますが、幸いにもまったくのウソというのはありませんでした。
残業がまったくない、と書いてあったのに残業している人がいたり、
専門学校に通うのを応援する、と書いてあったのに気まずいなんてありましたけどね。
それくらいでしたのでマシな方でした。

ひどいと正社員で募集していたのにいざ入社のときには契約社員から、と言われたなんてことも。

広告というのは広告主の都合のいいようにできていることを意識しておかないといけません。

おいしい話は疑うこと

基本的なことですが、おいしい話には注意することですね。
儲かる話があったら誰にも教えないですよね。
それを他人に、しかも知らない人に教えようという時点で怪しい。

「株で絶対に損しない方法」というものを買ったというのをネットでみたことがあります。
数日後に封筒が届いて、中には「株をやめなさい」と書いてあったとか。

こんな話もあるので注意しましょうね。

まとめ

広告を見ない、というのは無理でしょう。
iOS9では広告が表示されないなんて言われていますけどね。
これだけ広告があふれていたら完全に見ないということはないでしょう。

なかには、「おっ!」と思うものがあるかもしれません。
そんなときには何か裏が無いか、小さい字がないか確認してみましょう。

広告を鵜呑みにしないことです。

 

【関連記事】

【編集後記】
それにしても、iOS9で広告表示がされなくなったらブロガーにとっては大打撃ですよね。
広告収入で成り立っているビジネスってどうなるんでしょうか。。。

本日2記事目

       

こちらの記事もオススメです