ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

ふとしたときに手を繋いできてくれるのが嬉しい

calendar

最近は子供たちと手を繋ぐことも減ってきました。
でもたまに繋いできてくれるのでそれが嬉しいです。

スポンサーリンク

走り回る子供たち

子供たちと一緒に外出すると走り回ります。
大人しく歩いて、なんてまずありません。
兄弟で追いかけっこしたり意味なくダッシュしてたり、とにかく走り回って目を離さないようにするのが大変です。
子供たちの画像小さい頃はあぶなかっしいのでそれぞれ手を繋いでいたのですが、いまでは好き勝手に走り回っています。

手を差し伸べても手を繋いでこないこともあります。

手を繋がないと歩けなかったのが懐かしいです。
小さいころの次男

ふとした時に手を繋いでくる

長男はもうないのですが、次男はたまに手を繋いできてくれます。
私から手を繋ごうとしたわけではなく、普通に歩いているときに次男の方から手を繋ぎに来てくれます。

普通に歩きながら話しているときに何かあるわけではないのですが、手を繋いできてくれます。
それが嬉しい。

なぜ手を繋いできたのかはあえて聞かずに普通に手を繋ぎます。
次男からすれば特に理由はないのかもしれませんが、やっぱりうれしいですね。
無意識にしているのでしょうね。

多いのは保育園の帰り。
保育園の迎えにはその日の予定により妻か私が行きます。
保育園であったことなどを話しながら手を繋いでくれます。

手を繋いでくるのは毎日ではなくたまに。
何か思うことがあったときに無意識にやっているのでしょう。
走り回る子供たち

助けをもとめられるように

まだまだ先の話でしょうし飛躍してしまいますが、子供がなにか助けをもとめてきたときには当然ながら力になってあげたい。お金が理由でやりたいことをやらせてあげられないのは嫌なのである程度は稼いでおきたいです。

なにより困ったとき、大変なときに助けをもとめられるようにしたい。

手を繋いできてくれた時にちょっと飛躍しますがそんなことまで考えてしまいました。

今はまだ小さいのでそんなことはないでしょうが、、親にも相談できない状態にはしたくないですからね。

【関連記事】
「子供が発熱」急なお迎えに行けないくらい仕事を入れないようにしたい

子供にYouTubeやゲームをさせておいた方が楽だけど外に連れて行くと楽しそうに遊ぶ

男の子二人でケンカしたり励ましあったりしている姿がほほえましい

【編集後記】
昨日はひたすら申告書の作成などを。
溜まってきているので焦り気味です。。
漫画のトネガワを読んでいたらカイジが読みたくなって一気に買ってしまいました。
カイジとトネガワでキャラがだいぶ違うのがいいです。

【イクメン日記】
この時期になってもまだクリスマスプレゼントが決まりません。
聞くたびにコロコロ変わって・・。
おそらくゲームに落ち着くでしょうけど。

【一日一新】
自分の部屋でマイクラ

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録