ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

「助かりました。ありがとうございました」と言われたときに独立してよかったと感じる

calendar

独立して4年目。
ありがとうございましたと言われると独立してよかったと感じます。

スポンサーリンク

「ありがとうございます」の感じ方が違う

独立前後で一番変わったなと感じるのはお客様からの「ありがとうございます」です。

勤務時代にも「ありがとうございます」と言われたことはあります。
もちろん「ありがとう」と言われると嬉しかったです。
普段厳しいことを指摘してくる人がありがとうと言ってくれたときにはすごい嬉しかったのを覚えています。

独立後にもお客様から「ありがとう」と言われることがありますが、やはり勤務時代とは重みが違います。

勤務時代は自分が担当であっても判断は所長がしています。
手を動かすのは自分であっても色々な判断はすべて所長です。

ありがとうと言われてもどうしても所長の関与に対してのものも感じられてしまっていました。

独立後はすべてが自分

独立後の「ありがとう」はすべて自分の成果によるものです。

自分で考えたサービス内容。
自分で決めた値段。
自分で判断する。

すべて自分で判断し決めて仕事を完結しなければいけません。
なのでお客様からの「ありがとう」の重みが違います。

勤務時代は自分で仕事内容、サービス内容、金額を決めることはできません。
ある程度は所長と相談できる(できないことも・・)かもしれませんが基本的に決めるのはすべて所長。

やりたくない仕事、割りに合わない仕事も中にはあります。
どうしても気が乗らない、やる気の出ない仕事もあります。
税理士証憑の確認

独立するとそれが減ります。
気が乗らない仕事が0ではありませんが、確実に減ります。
もし気が乗らない仕事を受けたとしてもそれは自分の責任なので気が乗らないとはいえ勤務時代とはやり方が違います。

お金をいただく大変さも

独立して感じるのはお金をいただく大変さ。

勤務時代は給料ですから給料日にはもらえます。
独立後は当然ながら給料がありません。
仕事がなければ収入もありません。

仕事をしてもちゃんと請求をしなければいけません。

この請求が本当に嫌なものの一つです。
請求しないといただけないのでちゃんと請求しますが、、、喜んでもらってありがとうと言われることが大切だなと感じています。

「ありがとう」と思われる仕事をすることで気持ちよくお支払いただくこともできます。

独立すると仕事のやりがいを感じることができるようになりますね。

【関連記事】
「安心して納税できます」と言われる重みは独立してから感じることができるようになった

苦しいときはお願い・相談して助けてもらうのもあり

ネットで探すことが当たり前なので気づいてもらうために情報発信する

【編集後記】
昨日は税務署との打ち合わせ。
その後に税務調査の相談。
自分の決算の納税を失念していて慌てて・・。

【イクメン日記】
夏休みの旅行先をまだ伝えていないので気になって仕方ない様子。
日付は伝えているので今からうるさいです・・・。

【一日一新】
とある業種からの依頼
子供と七並べ

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録