ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

会計事務所もクラウドの活用が当たり前に。 クラウドにより報酬も下落する一方なのか。

time 2014/09/17

会計事務所もクラウドの活用が当たり前に。 クラウドにより報酬も下落する一方なのか。

先日、東京税理士界から届いた書類の中にクラウドに関するものがありました。

2014-09-01 08.40.27

sponsored link

会計事務所にとってもクラウドが当たり前に

どの業界でも同じでしょうが今はクラウドの利用が当たり前になっています。

今は、スマホやタブレットのような端末があり、
WifiやLTEなどの通信手段がありますからいつでも問い合わせやメールを受け取ることができます。
その端末を使って、会計データや申告書などを確認・編集することもできます。
今では、freeeやマネーフォワードなどのクラウド会計ソフトもでてきています。
クライアントからもクラウド会計の問い合わせが増えてきています。

会計事務所は、IT化が遅れているところも多いです。
ひどいと未だに手書きの伝票を使っているところもあります。
単純作業はどんどんなくなっていますからこのような事務所はそのうち無くなるでしょう。

 

クラウドにより顧問料も下落?

クラウド士業Bizer(バイザー)というサービスがあります。
これは、月額2,980円で税理士、社会保険労務士、司法書士などにWEB上で何度でも相談できる、というものです。

このサービス、回答する士業側は無報酬なんですよね。
無報酬なのになぜやるのかというと、当然、顧客を獲得するためですよね。
士業がすきま時間に無報酬で回答する、それで本当にいいのか?と疑問に感じます。
質問者の詳しい事情はわからないから当たり障りのない返答しかできません。

質問者側にもメリットはあります。
すでに顧問税理士がいるけどセカンドオピニオンとして使うとか。
こういうサービスにかかわっている税理士はIT関係に強いでしょうから、
顧問税理士がわからないこともここで聞けば答えてくれるかもしれません。

やはり付加価値が大切

freeeやマネーフォワード、Bizer(バイザー)のようなサービスがでてくると
会計処理を代行したり、申告書を作るだけの仕事はなくなっていくでしょう。

それでも、資金繰りの支援や特殊な税務、本当に有効な節税案の相談などはなくならないと思います。
税理士に期待されている付加価値をいかに身につけられるかが大切ですね。

【編集後記】
ずっとやりたいと思っていたことの一つは来月にやります。
ディズニーに子どもと泊りがけでいくことです。
次にやりたいのは運動です。
来月には始めます。まずはジョギングから。

【イクメン日記】
次の日曜日に幼稚園の運動会があります。
まだプレで通ってるだけなので実際にやるのはちょっとだけみたいです。
でも、親も走ったりするみたいなので心配です。

       

こちらの記事もオススメです

税理士試験の結果発表。結果が良くなかった人はしっかり受け止めましょう。続けることが大切です。
税理士試験体験記【受験のきっかけから消費税法合格まで】
税理士試験が終わって2カ月。結果発表までも2カ月。気が緩んでいないか

sponsored link

イクメンプロジェクト

管理人

内田敦

内田敦

ディズニー好きなイクメン税理士です。【ディズニー税理士】【イクメン税理士】Google検索1位。 ブログは15万PV達成。時間重視の働き方を目指しています。5歳と2歳の子どもがいます。両方とも男の子。 ブログは2014年6月3日より日継続して毎日更新しています。税金記事はhttp://www.uchitax.com/ [詳細]

正しい税理士の選び方の冊子を差し上げます!

詳しくはこちら

Twitter でフォロー



sponsored link

スポンサードリンク

ブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村