ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

独立5年目が終了。減収だけど最適な仕事量が分かり目指すべき姿が見えた

calendar

独立5年目が終了しました。
前年より減収です。

仕事と生活のバランスは最高でした。

スポンサーリンク

独立5年目は減収

独立5年目が終了しました。
売上げとしては前年比で22%減少です。
売上げのグラフ

7月くらいまでは前年よりも多いペースでしたが、後半はコロナの影響で税務調査がなかったことで相談が減り減収となりました。

前年比で減収とはなりましたが独立2年目よりは多い水準です。

具体的な金額は書きませんが、生活できないわけではないですし十分かなと。
今のところ独立して後悔したことはない、という記事でも書いたように今までが想定以上で出来すぎでしたので。

3年目(2018年)4年目(2019年)はひとりで出来る限界でした。
この水準で続けていたら間違いなく体を壊していたでしょうね。

ここで減収となったのは良かったと言えます。(と、考えるようにします。)

意図していない減収

昨年の元日に書いた記事では「今年は売上げを減らそう」と書きました。
売上を、減らそう
結果として、本当に売上げは減りました。
ただ意図したものではなくコロナによる影響です。

先ほど書いたように上半期は減るどころか増えていたくらいです。

もし、税務調査が例年通りのペースで行われていたら増収となっていたと思われます。

結果オーライではありましたが、意図していない減収なのは不安要素です。

最適な仕事量がわかった

昨年はメイン業務であった税務調査の相談が減ったことでかなり売上げ金額が減りました。金額だけを考えると痛いのですが、精神面やプライベートのことを考えるとプラスでした。

税務調査の対応が激減したことで分かったのは、今まで相当な精神的負担だったこと。

税務署対応に慣れてきてストレスは感じないと思っていたのですが、いざ税務署対応がなくなると結構なストレスがかかっていたことがわかります。

昨年の後半は前年と比べるとものすごく予定が減りました。
Googleカレンダーを見返すとあまりの差にビックリします。

かなり減ったので不安が大きかったのですが、一年終わってみるとこれくらいの仕事量が適切であったことがわかりました。
食べていけるだけの収入があり時間もある。
目指している姿です。

予期していない減収ではありましたが、目指すべきスタイルがハッキリできたのはよかったことです。

先ほど書いたように意図していない減収であったので、今年はどうなるかわかりません。
以前と同じように税務調査が行われるようであれば増収となるかもしれませんし、更なる減収となるかもしれません。

コントロールできていないところは不安です。

これからは仕事量をコントロールできるようになることが目標です。
目指すべき姿はハッキリしたのでそこに到達するためにコントロールしたい。

【編集後記】
昨日は年末の買い出しに。
混雑するので子供たちは置いてサッと行ってきました。
次男の誕生日でもあるのでケーキも用意。
混雑するので誕生日プレゼントは後日に。。

【イクメン日記】
次男が7歳になりました。
まだ7歳、でも本当にあっという間です。
一緒にいる時間を大切にしたいですね。
今回はアイスケーキではなく次男の好きなチョコレートケーキを。
ケーキの画像

【一日一新】
Tokyo Glass Company 福袋

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録