ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

いくら売上があれば生活できるのか・不明な支出がないか自分の現状を把握しておく

calendar

最低いくら売上があれば生活できますか?
ちゃんと把握しておくべきです。

自分の現状を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

いくらあれば生活できるか

最低必要な金額は人それぞれ違います。
月15万円、20万円、25万円、30万円などなど。
「最低必要」なのは家賃、住宅ローン、食費、日用品など本当に必要なものだけで考えた場合の金額です。
おもちゃやレジャー代は抜きで考えます。

私の場合はざっくり25から30万円くらいかなと。
自宅と事務所家賃、食費、学童などなどで、、、もうちょっと必要かも・・・。
次男が保育園を卒園し二人とも小学生になるので学費はほとんどかかりません。
家賃と食費が大きいですね。

趣旨は違いますが「いくら必要か」は税務調査でも重視されます。
月30万円必要なら年間で360万円は所得があるはずですので一つの目安になります。

いくら売上があればいいのか

月に30万円は必要なら本当に必要な売上もわかりますよね。
経費が0円なら売上30万円、経費が50%かかるなら売上は60万円必要です。

このような「最低いくら必要」を把握できてないことが多いなと感じます。

個別相談をいただいた際に「最低いくらの売上が必要ですか?」と聞いてもわからないことが多いです。
その場で考えて毎月このくらいの売上でギリギリだから・・・と考えられることが多いですね。

あと何か月もつか

毎月いくら必要かがわかっていれば「あと何か月もつか」がわかります。
毎月30万円必要で貯金が100万円なら3か月くらいです。
貯金が360万円あれば1年はもちます。
30万円しかなければ1か月です。

期間が短ければ短いほど早急に手を打たなければいけませんよね。

支出を減らす

当然必要となるのが支出を減らすこと。

収入を増やすよりも支出を減らすことの方が簡単です。
特に固定費ですよね。
毎月支払が必要なものは見直す。
いらなければ削る。

気づかないうちに継続して支払っているものがあるかもしれません。
私も見直してみたら「NTTコミュニケーションズ」に数百円の不明な支払がありました。。。
確認中ですがおそらくずっと前に使っていた格安SIMかと思われます。
もう使ってないのに支払が・・・。

家賃を削れれば大きいですが引っ越しなど大掛かりになります。
通帳やクレジットカードの明細をみて不明な支出があったら確認しましょう。

大変なときですからまずできることとして自分の現状を把握しておきましょう。

【関連記事】
独立後に気をつけていることの一つが生活水準を上げないこと。経費は増えても生活費は増やさない

今でも売ることに慣れないから値下げ・無料相談はしない

独立するときにダメだったらバイトすればいいと考えて吹っ切れた

【編集後記】
昨日は母の誕生日。
花を贈りました。
父も母も定期的に病院に通っています。
父はタバコを吸うので本当に気を付けてほしいなと。

【イクメン日記】
次男の学童二日目。
仲良く過ごせているようです。
今のところ休校期間は延期されていないようですが心配です。

【一日一新】
母に花

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録