ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

何が誠意か難しいけど相手を想う「誠意ある対応」をできるように意識したい

calendar

独立してから「仕事」について考えるようになりました。
誠意ある対応って必要だなと感じています。
何が誠意になるかは難しいところですが「誠意ある対応」はできるようにしたいものです。

スポンサーリンク

相手のことを考える

ニュースやネットをみているとたまに「誠意ある対応」「誠意ある政治」など見かけます。
何が誠意なのかは難しいですが、最近になって「誠意を見せる」のは非常に重要だなと感じています。

  • 精一杯業務に取り組んでいることを説明する
  • 支払いができないときは相談する
  • 遅れそうなときは連絡する

などケースにより「誠意」は変わるでしょうが、相手を想うことかなと考えられます。

税務署の「税金が支払えないとき」のパンフレットがあります。
税務署のパンフレット税金が払えないとすぐ差し押さえされるイメージがありますがそうではありません。

「相談もない場合は〇〇になります」
「それでも相談がない場合は・・・」
「さらに相談がない場合は・・・」
と相談がない場合は次の段階に進むようになっているので相談して納付する意思を見せることが重要になります。

この場合は納税の意思を見せることが誠意になるでしょう。

「仕事」と割り切るのも大切だけど

何が誠意かは難しいのですが、私なりに考えるのは相手のことを想うことかと。

仕事をする上で相手を想うことは大切ですよね。
あくまで「仕事」と割り切ればサービスを提供して対価をもらえば終わりです。
仕事してお金もらって終わり、のやり方もありですので悪いことではないでしょう。

私自身も「お金をもらって終わり」となった仕事は何件もあります。
が、できればそれだけの関係で終わりにはしたくないなと。

無料と有料の線引きが難しいところでもあるのですが、

  • 依頼されていないからやらない
  • 言われないから説明しない

は誠意がないかなと思えます。

もちろんドライな関係が必要となることもありますし、厳しい決断が必要となることもあります。
それでも誠意は忘れないようにしたいものです。

【関連記事】
独立して一番難しいと感じるのは請求と値付け

「〇〇に対応している税理士がいなくて」とよく言われる。できる仕事は何度も書かないと知ってもらえない

「安心して納税できます」と言われる重みは独立してから感じることができるようになった

【編集後記】
昨日は長男の運動会。
暑すぎず助かりました。
頑張っている姿を見るのはいいですね。
撮影の場所取りは熾烈でしたが・・・。
来週は次男の運動会です。

【イクメン日記】
運動会がかなり楽しみだったようで相当早く起きていました。
親がどこにいるのか常にキョロキョロしていました。。
徒競走やリレーは残念な結果でしたが・・・楽しかったようで嬉しそうにしていました。

【一日一新】
2年生の運動会

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録