ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

会社にお金を残したいなら税金を払おう!節税より納税が大切。

calendar

reload

会社にお金を残したいなら税金を払おう!節税より納税が大切。

会社にお金を残すためには納税が必須です!
節税よりもお金が大事。

経営者と話していてよく話題になるのが節税のこと。
経営者であれば、少しでも税金を減らしてお金を残したいと考えるのは当然です。
ですが、過度な節税は逆にお金をなくすことに繋がります。

お金を残したいなら節税よりも納税が大切なのです。

2015-06-11 21.54.44

お金を残したいなら納税するしかない

会社にお金を残したいなら、納税するしかありません。
日本の税制上、納税しないとお金は残りません。

「何言ってんだ」と言われそうですが、事実です。

社長にこういう話をすると「?」という顔をされることもあります。
まさに「何言ってんだ?」という表情。。。
でも、一度説明すれば理解していただけます。

例えば、100万円の利益がでたとしましょう。

1円も税金を払わないようにするには

税金を1円も払わないようにするためには、利益を0円にする必要があります。
簡単です、経費を100万円使えばいいのです。
そうすれば利益が0円になって税金も0円です。

でも、残るお金は、、、、、0円です!

なぜお金が0円かというと、100万円の経費に使っちゃったからですね。

そのまま税金を払うと

100万円利益が出た場合、税金は約30万円です。(わかりやすく)
そのまま税金を払うと、残るお金は70万円です。

簡単に書きましたが、上記をみれば一目瞭然ですよね。

会社にお金を残したいなら、節税より納税が大切です!

節税のメリットとデメリット

節税がダメというわけではありません。
無駄な税金を払わないためにも節税は必要です。
ただ、何も考えず節税だけを考えるのは危険です。

節税にもメリットとデメリットがあるからです。

節税のメリット

メリットは当然ながら、税金が減ることです。
税金を払わない分、ほかのものにお金を使えるということです。

税金は誰でも払いたくありませんからね。

払いたくないものを減らせることがメリットです。

節税のデメリット

節税のデメリットは、

  • お金がなくなる
  • 将来につけが回ってくる
  • 利益が減る

といったところ。

お金がなくなる

上記のように、100万円利益が出たからといって100万円経費を使ったら
お金はなくなります。

節税というのは、基本的にお金がなくなるものなのです。

お金の減らない節税もありますが、ごく一部です。
ほとんどの節税がお金の支払いが必要となるものなのです。

税金で払うか、違うものに払うか、の違いでしかありません。

将来につけが回ってくる

これは忘れがちなのですが、将来につけが回ってくることがあります。

保険がいい例です。
今年は利益がでたから100万円の保険に入って税金が減らすことができた。

これだけ見たらいいのですが、保険というのは来年も再来年も
ずっと支払い続けることが必要です。

来年も再来年もその先ずっと利益がでますか?
ずっと100万円の保険料を払い続けることができますか?

解約すればいい、といいますが保険というのは何年か
支払をしないと元本割れするものがあります。
お金を残そうと思ってやったのに元本割れ、ということもあり得るのです。
税金は減りますけどね。

利益が減る

当然ですが、税金を減らすということは利益を減らすことです。
利益が減るということは、見栄えが悪くなりますよね。

つまり、銀行に対して不利になるということです!

いざ借入をしようと思っても、節税しすぎて利益が少なすぎると
借入できない可能性もあります。

納税は借入のための原価、という言葉もありますからね。

節税は今だけでなく、将来のことも考えることが必要です。
今良くても将来困る可能性もあるのです。

money-finance-bills-500

会社の成長は納税が必須

上記のデメリットをわかったうえで節税を考える必要があります。

私はプロフィールにも書いてあるように、過度な節税は進めていません。
設立間もない会社などは特にです。

ちゃんと利益を出して、ちゃんと納税して、自己資本をためていく。

そうしないと会社は成長しません。

利益を出さないということは、資本金を増やさない限りお金は増えません。
資本金を増やす以外には、会社にお金を貯める方法は利益を出すしかないのです。

利益を出して納税をした後に残ったお金しか増えません。

まとめ

税金って払いたくないですよね。
払いたい人っていないでしょう。

でも、お金を残したいなら税金を払う方がいいのです。

矛盾しているように聞こえますがこれは事実です。

もちろんムダな税金は払う必要はありません。
節税は効果のあるものを適度に行うことが大切なのです。

過度な節税は逆にお金を失いますよ!
その節税は本当にお金が残るのか?をよく考えましょう。

お金を残したいなら、節税より納税が大切!だということを
経営者が理解しなければいけません。

 

税金関係の記事



【編集後記】
今日は弁理士の先生と打ち合わせ。
商標についていろいろ面白い話を伺えました。
違う士業の方と話すと刺激になります。

【イクメン日記】
幼稚園で柳沢慎吾のパトカーのマネをしていたとか。。。
自宅ではそんなことしたことないのに。

【一日一新】
弁理士と打ち合わせ
ルノアールのガトーショコラ

       

こちらの記事もオススメです