ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

今までホラー映画をたくさん観てきたけど一番怖かった映画がすぐ出てこない

calendar

ホラー映画が好きでよく観ています。
でも今まで一番怖かった映画が思い出せません。

映画より小説の方が印象に残ります。

スポンサーリンク

「今までで一番怖かった映画は?」

先日、妻から「今までで一番怖かった映画は?」と聞かれました。

なんだろうと思って思い返してみてもまったく浮かんできません。
ホラー映画は好きでよく観ています。
おそらく今まで観た本数も結構多い方ではないかなと。

それでも本当に怖いと感じる映画って少ないんですよね。

印象に残ったものはこのブログでも取り上げていますけど「怖い」と感じたものというとなかなか思い出せません。

屍憶・残穢

グロものは好きじゃないです。

ただ気持ち悪いだけで怖くはないですし。
明らかな化け物がでてくるのもイマイチ。
ジェイソン、フレディなどは今は好きではないです。

やはり得たいの知れないもの、目には見えないけどそこにいる、的はものが怖いです。

怖い映画であげるとすると

  • 屍憶
  • 残穢

です。

屍憶は冥婚の話。
死者との結婚です。
屍憶の画像(台湾だったと思いますが)赤い封筒を拾ってはいけない。
赤い封筒を拾うと死者と結婚させられる。

これが怖かったですね。

あとは残穢。
小説残穢これは小説でも読みました。

何かはわからないけど何かがいる。
どんどん広がっていく怪異。
住んではいけない部屋。

映画では最後に化け物的なものがちょっとでてきて「う~ん」と思うところもありますけど。

「怖い映画」でイメージするのは上記の2つです。

たくさん観ているはずなんですけどね。
印象に残るものは少ないです。

小説の方が怖い

私の場合はどちらかというと小説の方が怖いです。

映画は作られたモノをみますけど小説は自分で頭の中でイメージしますよね。
自分でイメージするからより印象に残るし怖さも感じるのかなと。

黒い家も小説を読んで映画を観ましたけど小説の方が好きです。

より怖さを求めるなら私は小説の方が好きです。

【編集後記】
さすがにエアコンのない部屋で仕事するのは限界。
子供部屋に移動して仕事しました。
やはりエアコンがあると違います。
扇風機&保冷剤を巻いて耐えていたのですが無理しない方がいいですね。

【イクメン日記】
最近は長男もマンガのスーパーマリオくんを読み始めました。
さすがに次男のように爆笑はしませんが。
鬼滅の刃も飽きてきたようで。

【一日一新】
子供部屋で仕事

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録