ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

特別なスキルがなくてもまだまだチャンスはあると感じる

calendar

これから独立するとしてもまだまだチャンスはあるように感じます。
税理士に対する不満、おかしいと思う点はたくさんあります。

スポンサーリンク

これから独立するか

2020年はコロナだったと言い続けられるでしょうね。
税理士業界もオンラインを活用するようになり大きく変わってきたのかなぁと感じます。

ネットでたまに見かけるのが「今から独立できるか」です。

ただでさえ不安なのにコロナも出てきたことで、はたして独立して大丈夫かと心配になるのでしょうね。
私も今から独立するかといったら非常に不安・・・・というか多分踏み切れずにいたでしょうね。
そういった意味では私が独立したタイミングは運が良かったと言えるかもしれません。

まだまだチャンスはあると感じる

今から独立するのは非常に勇気がいるでしょうね。
ただ、ハッキリ言えるのはまだまだチャンスはあるということ。

先日、お客さまから続けて言われたのが、

  • 偉そう
  • 高すぎる
  • 対応してくれない

といったこと。

いま依頼している税理士が偉そうで相談しにくい、とよく聞きます。
これから初めて依頼するというのではなく、すでに確定申告書の作成をしてもらっているにもかかわらず偉そうで相談しにくいというのです。
パソコンの画像

さらに、報酬が高すぎるとの相談も受けます。
税務調査の相談をしようと思ったら〇〇〇万円もかかると言われた、と。
報酬は税理士によって違いますから高い安いがあるのは当然です。
が、この時に聞かされた報酬はあまりにも高かったです。。。

そもそも対応してくれない、とも聞きます。
電話やメールで問い合わせしたら「ウチでは対応できないから」と言われた、と。
毎年の確定申告を依頼しているにもかかわらず税務調査の対応をお願いしたら受けてくれなかったらしいです。
「ウチは高いから他を探したほうがいいよ」と言われたと。。。
個人事業で、少し遠方だったので面倒だと思われたのかもと言ってました。

お客様の声を聞いていると、まだまだチャンスはあるなと感じますね。
「対応してくれない」「偉そう」など税理士業界としては良くないことですが、、、。

税理士に依頼しているけど不満を持っている人はたくさんいるな、と感じますね。

特別なスキルや経験などなくても誠実に対応してしっかりとやるべきことをやっていればチャンスはあるのでは、と感じます。

 

【編集後記】
昨日は申告書の作成などを
夕方に税務調査の相談、子供たちの算盤に。
面白そうなマンガを探しているのですが、連載が長く単行本が多いと負担が大きいので躊躇します。
すぐ完結していると買いやすいのですが面白いマンガがすぐ完結してしまうのも寂しい。
難しいです。

【イクメン日記】
夜になるとテンション上がりはしゃぐ次男。
なかなか寝ません。
そして朝はめちゃくちゃ不機嫌です。
長男はビックリするくらいすぐ寝つきます。

【一日一新】
とある業種からの依頼
リステリン オリジナル

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録