ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

映画「クワイエット・プレイス」音を立ててはいけない恐怖。疑問点はあるけど面白い

calendar

映画「クワイエット・プレイス」を観ました。
音を立ててはいけない恐怖。

スポンサーリンク

映画「クワイエット・プレイス」

※ネタバレあります。

 

以前から気になっていた映画「クワイエット・プレイス」を観ました。
Amazonプライムビデオで面白そうな動画が物色していてたまたま見つけたのです。
以前から映画の存在は知っていてずっと気になっていたのです。

内容としては「物音を立ててはいけない」です。

この恐怖とスリルに満ちたホラー映画で描かれるのは、音を聞きつけると即座に襲ってくる謎の生物から隠れながら、静寂の中なんとか生き延びている、ある一組の家族。世界中の批評家や映画ファンから大絶賛された、今年絶対見るべき1本を体感せよ。

Amazonのレビューが100個以上あるのでそこそこ話題になったのかなと。
レビューは良い悪いと分かれていますが私は好きで面白かったです。

音を立ててはいけない恐怖

この映画を観ると普段の生活でどれだけ物音を立てているのかがよくわかります。
話声すらダメ。
映画では常に手話が使われています。

音を立てると化け物が襲ってくるからです。

この化け物が何なのか、なぜこんなにたくさん発生しているのかは謎のままです。

映画の主人公はいつこの化け物に襲われるかわからない状態で生活している家族。
やり取りは手話を使い、日常生活では物音を立てない。
住処が化け物に襲われた場合の非常事態にも対応している。。。。

疑問も感じるけど

にもかかわらず、妊娠しているのがわらない。
もちろん映画だから、、、ではあるのですが物音・話し声で化け物に襲われる危険があるのに赤ちゃんがいたら・・・・。
いつ化け物が発生したのかよくわかりませんので、化け物が発生する前に妊娠していたのかもしれませんがあまりにも疑問に感じます。

このあたりはウォーキングデッドでも同じですね。
ゾンビが徘徊している世界でなぜ子供を産もうと思うのか。
鳴き声で敵がよってきてしまうし、何よりミルクなど育てるのに必要な物資がなかなか手に入りません。

実際にその状況になると子供が欲しいと思うのかもしれませんが、、観ている側からすると疑問です。

「クワイエット・プレイス」でもう一つ疑問なのが、化け物を銃で倒すことができるのになぜあんなに世界が崩壊してしまったのか?
弱っていたのもありますが映画ではライフル1発で倒していましたし。。。。

それほど強くないのでここまで滅茶苦茶な世界になってしまうのが疑問です。

化け物は音には敏感ですが、目は悪い(見えない?)のか目の前にいても音を立てなければ見つかりません。
対処できたのでは?と感じたのがほかの映画との違いですね。

子供を守る父親

最初から最後まで子供を守ろうとしている父親の姿には共感しました。
最後の最後は大声をあげて化け物を引き寄せて子供を助けます。
このシーンはすごくよかったです。

父親に反発していた娘も最後は・・・。

疑問に感じるところもありますが見ごたえあります。
まだの方は是非。

【関連記事】
映画「LOOP 時に囚われた男」が面白い。繰り返すループからいかに脱出するか

映画「グリーンインフェルノ」が恐ろしい。食人による食糧にされる恐怖

映画「エスター」が怖い!守るべきものが元凶である怖さ。それを知っていて利用する怖さ

【編集後記】
昨日も決算・確定申告・執筆を。
ここ数日事務作業が続いています。
仕事とは別のことで頭を悩ませることも。。
しばらくしたら記事にできるかな。

【イクメン日記】
勉強を教えるのって難しいですね。
小学2年生の宿題に結構苦戦しています。。
塾に通ってもらうかなと。

【一日一新】
とある予約

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録