ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

周りから「もうやめて」と言われないことに感謝

calendar

周りから「もうやめて」と言われなかったのがよかったかなと感じています。
好きなことができる環境に感謝が必要です。

スポンサーリンク

「やめて」と言われたことがない

40年間の人生を振り返ってみてふと思ったのが「もうやめて」と言われたことがないなと。

一番大きな出来事は税理士試験。
10年弱ずっと勉強していましたが妻や親から「もうやめて」と言われたことがありません。

親に対してはそれほど迷惑はかけていませんでした。
最初の2年くらいは実家住まいでしたので多少はあったかもしれませんが、、学費も自分で出していたので試験に関しての迷惑はかけていなかったかなと。
精神的にはあったかもしれませんが。

税理士試験会場

2008/08/05 10:57

妻には多大な迷惑をかけています。
合格科目が1科目だけのときに結婚したので時間的にもお金もかなり迷惑をかけていたはずです。
特に精神的にはかなり、、でしょう。
休日もずっと勉強ばかりでしたから。

いつ合格するかもわからない、お金も学費に使われるで先が見えず心配だったでしょうね。

それでも「試験勉強やめて」とは言われませんでした。

独立後も今のところ「やめて」とは言われていません。
4年目になっても収入は月によって変動がありまったく安定しておらずいつどうなるかもわからない状態ですが、会社員に戻ってとは言われていません。

できる環境に感謝

今考えると試験勉強もまったく反対されなかったのはありがたいことでした。
8年くらい毎年20万円の費用がかかっていたのでそれなりに負担でしたからね。
普通に考えればやめてと言われてもおかしくないです。

独立もそうです。
普通に考えたら反対されることが多いでしょう。
でも反対されず好きにやれています。
サーフェスプロの画像好きなことをできることが当たり前になってしまっています。
忘れがちですが、周りの協力があってこそ何ですよね。

不安を取り除くのも必要ですし感謝も忘れてはいけません。

自分が大変、自分が頑張っている、自分がやらなければ、とどうしても「自分」中心になってしまいがちです。

周りの環境に感謝することも忘れないようにしたいものです。

特に受験生はいつまでも受験できる環境とは限りません。
受験できる今に感謝しましょう。

【関連記事】
税理士試験は受験できる環境に感謝することが大切

学生の頃は本当に税理士になれるなんて思ってなかった。気になっているなら挑戦してみる

独立後に変わったのは食事に対する意識。ありがたみを感じるようになった

【編集後記】
昨日は打ち合わせ2件。
出版関係と申告相談。
Fireタブレットがアレクサ対応して便利に。
今まで以上に活躍してくれそうです。

【イクメン日記】
長男は金曜日の遠足を楽しみにしています。
相当前から騒いでいましたが雨っぽく。。
雨の場合は場所が変わって何度か行ったことがあるところなのですが友達と行くのはまた違うでしょうから楽しんでくれるかと。

【一日一新】
浅草 福しん

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録