ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

無借金経営ほど危険なものはない

calendar

reload

無借金経営ほど危険なものはない

2014-06-18 22.34.35

みなさんは、「借金」 していますか?

「借金」と聞くとどうしてもいいイメージはありません。
サラリーマンで借金がある場合は生活を見直した方が良いかもしれません。
住宅ローンは仕方ないと思います。

逆に、法人の場合は借金がないのはあまりよくありません。

「借金」で会社はつぶれない

借金をする理由はいろいろあります。
設備投資、給与が払えない、仕入れ代金が払えないなどいろいろあります。
投資は良い借金、その場しのぎで借りるのは悪い借金と言われます。
悪い借金が増えていくと、最終的にどこからも借りられず行き詰ってしまいます。
仕入や給与の支払いができずに、倒産することになってしまいます。

会社が倒産するのは、赤字だからでも借入が増えたからでもありません。
お金がないからです。
お金があればいくら赤字であっても倒産しません。
極端ですが、毎年1億円赤字を出していても現金が100億円あったら絶対倒産しません。

借りられるときに借りておこう

借入できるときにはできるだけ借りておいた方が良いです。
理由は、銀行は横並び意識が強いからです。
銀行は他の銀行が貸してるなら大丈夫だろう、じゃあウチが貸しても大丈夫だろう、という思考なのです。
今までまったく借入がない会社が急に借入の申込みにきたらどう思いますか?
よほど困ったことがあったに違いない、思われてしまいます。
本当に必要な時に借りられない、という状況になってしまいます。

中小企業にとって利息は「保険」です。
1,000万円借りて金利が2%後半だとすると、毎月の利息は25,000円くらいです。
表面的なもったいない、という感情に惑わされないで下さい。
資金不足に陥らないための保険と考えた方がよいでしょう。

借入は時間を買うことにもなります。
仮に設備投資をするために1,000万円が必要な場合に
すべて自己資金で賄おうとすると1,666万円の利益をだしていなければなりません。
どういうことかというと、利益を出すと税金が発生するからです。
手元には税金を払った後のお金しか残りません。
税率40%とすると、1,000万円÷(1-40%)=1,666万円 となります。
1,000万円を手元に残そうとすると1,666万円の利益をださなければなりません。

中小企業にとって、自己資金を貯めるには時間がかかります。
自己資金が貯まるのを待っていてはビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

【まとめ】 無借金経営が危険な理由

・借りたいときに借りられない恐れがある。 銀行は実績や他の銀行が貸しているか、を重視します。
・自己資金を貯めるのが大変だし、時間がかかる。 税金を払った後のお金しか手元には残りませんから   ビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

「借入は悪」と考えず、積極的に利用しましょう!

【編集後記】
休日はずっと子供の世話です。正直、仕事より疲れます。
下の子は夜泣なきがすごいので、昼間は私が外に連れ出しています。
その間に妻が寝てます。 仕事・育児と時間がないのでもっていろいろと効率化して時間を作らないとダメですね。

 

 

 

借入の目安は、

銀行は横ならび。

 

どんどん借入しよう

時間を買う

 

 

【編集後記】

 

       

こちらの記事もオススメです