ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「祭火小夜シリーズ」が面白い。ホラーは弱いけどいい話

calendar

小説「祭火小夜」シリーズを読みました。
不思議な怪異の話ですがそれだけではありません。

スポンサーリンク

祭火小夜シリーズ

小説「祭火小夜」シリーズを読みました。
シリーズといっても2冊です。
「祭火小夜の後悔」と「祭火小夜の再会」です。

このシリーズも表紙の絵からちょっと避けていました。
祭火小夜

角川ホラー文庫なのでホラーなのでしょうけど表紙がとっつきにくくて・・・。
最近の角川ホラー文庫の表紙はちょっと好きになれません。

ただ読んでみたら面白い。
「視える彼女は教育係」と同じですね。

表紙で避けていたけど読んでみたら面白い、が続いたので他の角川ホラー文庫も読んでみようかなと。

ホラーではないと感じるけど

「祭火小夜」シリーズは角川ホラー文庫、ホラーミステリとなっていますけどホラーではないような気がします。
確かに不思議な話、得たいのしれないモノの話がでてくるのですけどホラーは弱い。

特に「祭火小夜の再会」はホラーではなくいい話というか切ないというか。。。

中学三年の浦沢圭香は真面目な優等生。「正しい」生活に息が詰まり、気分転換に植物園へ赴いた彼女は、新種の花の前で祭火小夜と出くわす。無口で笑わない謎の同級生。そんな小夜が突然刃物を取り出し、花に振り上げて――。人を利用する花の恐怖とは? それ以来、圭香は小夜と共に怪異に遭遇するように。変わり始めた日々を喜ぶ圭香だが、驚きの真実と切ない別れが待っていた。

「祭火小夜の後悔」でもいい終わり方だなと感じたのですけ「再会」もよかった。
ホラーというよりも違うところで読ませてくれる本です。

読み返していくと「そういうことだったのか」と気づくことも多いですし。

ホラー要素もあるのですけどホラーは弱くてそれ以外のところでいい話。

新種の花

2作で色々と不思議な怪異がでてくるのですけど個人的に好きだったのは新種の花。

昆虫などを利用する花はよく聞きますけど人間を利用するとは・・・。
花をみて綺麗だなと思う人は多いでしょう。
その心を利用して自分の種を拡散させるという。

本当にこんな花がありそうで怖い。

しげとら

「後悔」のしげとらも好き。

望むものを与えてくれる。
でも返済しないといけない。取り立ては10年後という。
借りたものをそのまま返すことはできず・・・。

取り立てもあるものでしか受け取らないというのも面白い。

 

その他にも不思議なモノがでてきます。
ただどれも悪霊などホラーにありがちな本当に恐ろしいものは少ない。
ホラーとして考えると物足りないかもしれませんね。

「後悔」はホラーよりかなと感じますけど「再会」は後悔とは違う角度から読ませてくれます。

未読の方は是非。

→ 祭火小夜の後悔

 

【編集後記】
昨日はIKEAのモミの木の返却。
だいぶ枯れて葉がボロボロ落ちて大変でした。
それでもまた次回もあれば買いたい。

【イクメン日記】
ようやく宿題が終わりました。
早めにやろうと言ってたのに最後までかかってしまい・・。

【一日一新】
アディダス マスク

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録