ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「正当防衛」読了。女同士の戦いが面白い

calendar

小説「正当防衛」を読みました。
攻守が入れ替わっていくのが楽しめました。

スポンサーリンク

正当防衛

小説「正当防衛」を読みました。
著者は新津きよみです。

夫が邪魔、シェアメイトなどを読んだことがあります。
夫が邪魔の画像夫が邪魔はちょっと衝撃でしたので覚えています。

今回読んだのは「正当防衛」です。
正当防衛と聞いて想像するのは自分に危害が及びそうになったときにやむなく相手を、といったことです。

強盗に襲われて無我夢中で身を守ろうとしていたら相手を殺してしまった、みたいな。
「正当防衛」もそのような内容です。

女同士の戦い

「正当防衛」は一気に読んでしまいました。

推理作家の庄司桐子は、テレビの画面に現れた女の顔を見て愕然とする。偶然、店に押し入った連続殺人犯を説得して自首させた、早坂志歩美。彼女こそ、十年前、桐子の兄を殺害しながらも、現場の状況から正当防衛とみなされ、不起訴となった女だった。

連続殺人犯が店に押し入り説得して自首させた。
そのことでマスコミに取り上げられてしまい過去を掘り返されることに。

あの女だ。あの女に間違いない―。ワイドショーの画面に現れた女の顔を見て、推理作家・庄司桐子は体が震えた。店に押し入った凶悪犯を説得して自首させたその女こそ、十年前、同じように部屋に押し入った桐子の兄を殺しながら正当防衛で不起訴になった丸山志歩美だったのだ。

十年前にも同じように男に部屋に押し入られそのときは殺害してしまう。
正当防衛として罪にならず。
今回は押し入った連続殺人犯を説得して自首させる。

前回と今回で何がちがったのか?

面白いのは小説によって事実を暴こうとするところ。

兄の無実を信じていた桐子は、正当防衛に隠された真実を自分の筆で告発しようとする…。

小説によって十年前の正当防衛として罪にならなかった事件の真相を暴こうとする。
それに対抗して「加筆・訂正してほしい」と文章を書き直す。

小説で真実を暴露。
それに対して加筆修正してほしい文章を出す。

文章でのやり取りが新鮮で面白かったです。

追い詰めたと思ったら逆に仕返しされて形勢逆転したり、どうなるのかと一気読みです。

ただ「小説の話です」と逃げられる状態なのは読んでいてモヤっとしました。
この小説は事実か?と問うと「小説ですよ」と言ったり。
何が真実でどこまでが創作なのか。
このあたりがハッキリしないところもあってモヤっとする。

ただ、女同士の戦いがハラハラです。
未読の方はぜひ。

→ 正当防衛

 

【編集後記】
昨日は税務調査の立ち会い。
クリスマスの諸々を予約。
もうこんな時期なのかと今さらながら実感。
まだ今年は何日かありますからムダにしないように。

【イクメン日記】
またまた大きなモノが欲しいと。
クリスマスなので仕方ないですけど保管場所が・・・。

【一日一新】
平塚駅 ドトール

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録