ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「セイレーンの懺悔」を読了。イラっとしたりスカッとしたり。家族の関係など色々と考えさせられる

calendar

小説「セイレーンの懺悔」を読みました。
発信することについて色々と考えさせられます。

スポンサーリンク

小説「セイレーンの懺悔」

※ ネタバレあります。

 

小説「セイレーンの懺悔」を読みました。
「護られなかった者たちへ」を読んでから著者の中山七里が気になって色々と作品を読んでいます。

「セイレーンの懺悔」も楽しめました。

マスコミについての話です。
マスコミは批判されることもありますけど、まさにそれを小説にしたような感じです。

マスコミは人の不幸を娯楽にする怪物なのか。

イラっとしたりスカッとしたり

読んでいてこれだけイラっとしたりスカッとする話も珍しいかなと。

いかにスクープをものにするか。

葛飾区で女子高生誘拐事件が発生し、不祥事により番組存続の危機にさらされた帝都テレビ「アフタヌーンJAPAN」の里谷太一と朝倉多香美は、起死回生のスクープを狙って奔走する。

そのために本当に嫌なことするな、と思って読んでいました。

嫌な過去を暴いたり、被害者家族の心情を逆なでしたり。

多香美が廃工場で目撃したのは、暴行を受け、無惨にも顔を焼かれた被害者・東良綾香の遺体だった。綾香が“いじめられていた”という証言から浮かび上がる、少年少女のグループ。主犯格と思われる少女は、6年前の小学生連続レイプ事件の犠牲者だった……。
マスコミは、被害者の哀しみを娯楽にし、不幸を拡大再生産する怪物なのか。

一番嫌だなぁと感じたのはスクープをものにしたいがために確定していない情報を報道したところ。

記者がまだ・・と言っているのに上司が強引に報道してしまう。
この上司が一番嫌だったな。

で、結局それが誤報で大変なことになったところでスカッと。

セイレーンの懺悔

マスコミがなんなのか、どうすべきなのかはよくわかりません。
私は正直なところ考えたこともないです。
考えたことはないのですけれど「セイレーンの懺悔」は楽しめました。

マスコミ云々ではなく、単純に事件の犯人や真相がどうなのか?がミステリとして十分に楽しめました。

意外だったのは殺害した真犯人。

犯人だと思ったグループが実は違った。
別グループが暴行してそのグループが犯人かと思いきやこれも違うと。

刑事と記者。
いじめと家族。

色々と考えさせられる小説でした。

マスコミ云々よりも家族との関係について考えてしまいました。

→ セイレーンの懺悔

 

【編集後記】
昨日は祝日でオフ。
色々と買い物でぶらっと。
夕方に子供たちのテニス。

【イクメン日記】
長男の自転車を色々とみてきました。
気に入ったものがあったようです。
シューズもみたのですけどこちらはなかなかなく・・・。

【一日一新】
メルマガ登録

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録