ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「アンダー・ユア・ベッド」はホラーじゃなく異常だけど心に残る

calendar

ホラー小説の「アンダー・ユア・ベッド」を読みました。
異常な行動なのは間違いないのに応援したくなる不思議な感覚。

スポンサーリンク

アンダー・ユア・ベッド

※ネタバレあります。

 

ホラー小説の「アンダー・ユア・ベッド」を読みました。
著者の大石圭の作品はいくつか読んでいて好きな作家のひとりです。
有名なのは呪怨。

呪怨は小説を読んだことが無い人も知っている人が多いでしょう。

呪怨は先に映画をみてそれから小説を読みました。
個人的には映画の方が楽しめたかなぁという印象が残っています。
呪怨で知ってから大石圭の作品をちょくちょく読むようになりました。

ただ、何となく同じような作品が多いように感じてしまってある時から読まなくなってしまいました。

そんなところでAmazonでアンダー・ユア・ベッドを見つけて即購入。
じつはアンダー・ユア・ベッドは以前に読んだことがあります。
面白かった印象があったのでもう一度読んでみました。

ホラーじゃない

ジャンルはホラー小説となっているのですが、ホラーではないかなと。

確かに怖さはあるのですが、ホラーという感じではない。
不思議と心に残るというか応援したくなるような小説です。

タイトルの「アンダー・ユア・ベッド」の通りで、、ベッドの下にいる、、、。

ある晩、突然、僕は佐々木千尋を思い出した。19歳だった彼女と僕がテーブルに向き合ってコーヒーを飲んだこと。彼女の亜麻色の髪、腋の下の柔らかそうな肉、八重歯、透けて見えたブラジャーの色や形…9年も前の、僕の人生のもっとも幸福だった瞬間──。そして僕は、佐々木千尋を捜すことにした。もう一度、幸せの感触を思い出したいと願った──。それは盲目的な純愛なのか? それとも異常執着なのか?

ある女性を思い出し、その女性を調べ、家のベッドの下に。。。。

単純にストーカーのような内容です。
寝ているベッドの下で過ごし、盗聴もして、留守の間に忍び込む。
考えただけで恐ろしいですよね。。。

ただ、単純にストーカーが怖いと言えないのが「アンダー・ユア・ベッド」です。
ストーカー行為をして女性に危害を加えるどころか逆に助けているという、、、不思議な展開。
その女性が夫からひどいモラハラ、暴力等を受けておりそれを助けているんですね。

主人公がやっているのは完全にストーカー行為で異常。
なのに女性が夫からひどい扱いを受けておりそれを助けようとしているので、主人公を応援したくなるという不思議な感覚になります。

主人公の行為は違法行為なんだけど応援したくなる。

純愛なのかどうかわかりません。
が、単純にストーカーが怖いという話ではありません。
「アンダー・ユア・ベッド」、ベッドの下に誰かいる、、、というのは怖いですがそれだけの話ではありません。

 

ただ、怖いと思ったのは助けようとしている女性とその夫との関係。
ちょっとしたことで奴隷のような主従関係になってしまい、親にも友達にも助けを求められず逃げることもできない状況になってしまっていたこと。
本当に現実にありそうで、、、、こちらの方が怖いなと感じました。

単純なホラーではないので未読の方はぜひ読んでみてください。

→ 「アンダー・ユア・ベッド」

 

【編集後記】
昨日はテニス。
その後はレイクタウンをぶらっと。
しょっちゅう行くのですが、不思議と毎回それなりの時間を過ごしています。
広いのでぶらっとするだけでも時間かかります。

【イクメン日記】
次男もよく食べるようになってきました。
相変わらず食べるのが遅いのですが、確実に量は増えています。
食べるのが遅くて給食を食べきれないことがあるようで。。。

【一日一新】
果汁工房果琳 シャインマスカット

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録