ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

法人を設立したら法人名義のクレジットカードを使いましょう。設立直後だと作れない場合も。

calendar

reload

法人を設立したら法人名義のクレジットカードを使いましょう。設立直後だと作れない場合も。

 

2014-08-04 16.07.22

先日、起業した社長からクレジットカードを作りたいという相談がありました。

個人用カードと法人カードは使い分けた方がいいです。

私は個人事業なので個人カードしかありませんが
2枚を使い分けています。
事業用とプライベート用です。

東武カードとジャックスカードの2枚です。
東武カードは東武線を利用しているのでオートチャージに対応しているからです。
ジャックスカードはAmazonでポイントが貯まりやすいです。

スポンサーリンク

法人カードのメリット

法人を設立したら法人カードを作りましょう。

メリットして大きいのは、下記のものでしょう。
・法人と個人の区別を明確にできる
法人を設立してからも個人用のカードを使っているとプライベートとの区別が困難になります。
個人用カードであっても実際に事業の経費を使っているのなら、それは経費になります。
ただし、税務調査があったときにはその個人用カードの明細を見せなければいけません。
見られたくないプライベートなものまで見られてしまう可能性があります。

・支払がまとまることで効率化できる
いちいち銀行振り込みをする必要がありませんからその分の手間が省けます

・現金支払いを減らすことで経費精算の手間がなくなる
現金の扱いは経理上、ストレスになりますから減らした方が良いです。

設立直後では作れない場合も。作れないときの対処法

誰でも作れるかというと、そうでもありません。
実際に今回相談を受けた社長は作れませんでした。
設立間もないから、という理由です。

法人カードが作れない場合は、個人カードを使う方法もあります。
今回も個人カードを使うようにしてもらいました。
個人でしたら何枚かクレジットカードを持っていると思います。
そのうちの一枚を完全に事業用にするのです。
さらに、引落口座を法人口座に変更します。
つまり、カードは個人名義だけど引落は法人口座にするということです。
今回もクレジットカードの会社に 「引落口座を自分が社長をやっている会社口座に変更したい」 といって変えてもらいました。

今まで何件か同様の方法で変えてもらっています。
絶対に対応してくれるか、というとわかりませんが今のところ断られたことはありません。

ただ、事業用しか使ってないといっても個人カードである以上は
プライベートとの区別が問題になります。
この辺ははっきり分けるようにしましょう。

注意点として、領収書は必ずとっておきましょう。
またにカード明細があるからといって捨ててしまうことがありますが
カード明細は領収書ではありませんからね。

【編集後記】
妻にボーナスを払うかどうか思案中。
専従者になってます。届出はしてあるんですけどね。
頑張ってるからちょっとあげようかな。

【イクメン日記】
最近、下の子が歩行器に乗り始めました。
縦横無尽に動き回ってます。
ますます騒音が・・・

【お知らせ】
※現在顧問契約を受け付けております。
税理士の内田(私)が担当いたします。税理士が担当いたしますので件数に限りがございます。
税理士をお探しの方でご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。
初回の面談は無料です。

お知らせ
■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない!
       

こちらの記事もオススメです