ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

ホラー小説の原点「ボルネオホテル」。展開読めるけど楽しめる

calendar

ホラー小説のボルネオホテルを読みました。
王道ですが楽しめます。

スポンサーリンク

ボルネオホテル

Amazonでホラー小説を物色していて見つけたのが「ボルネオホテル」です。
ホラー小説ばっかり買っているのでオススメがホラーばっかりに。
プライムビデオもホラーばっかりみているのでAmazonの画面がホラーばっかりに。

オススメ機能のおかけで楽しい小説を探せているので助かっています。

今回読んだのが「ボルネオホテル」です。
2,000年となっていますので相当前の小説ですね。

内容は、、

小さな島に建つ古いホテルに泊まり合わせることになった九人の男女。吹き荒れる嵐が橋を奪い、通信の手段もない。館は完全に外界から閉ざされてしまった。――そして、最悪の夜が始まった。邪悪な霊が、プールを底無し沼に変え、家具を飛ばし、毒虫を操り、心と体を乗っ取ろうと襲って来るのだ。絶望の闇の中で死を待つのか、それとも――。

見知らぬ男女が集まり、
外界との連絡手段が途絶え、
嵐になり、
通信手段もナック、
ちょっと霊能力がある人がいて、、、

と本当に王道なホラーです。

展開読めるけど

色々なホラー小説を読んでいると何となく展開が読めてしまいます。

悪霊が出てきて、憑依されて、ちょっと能力のある霊能者みたいなのがいて、と内容としては王道です。
映画のようなストーリー展開。
描写がリアルにイメージできます。
まぁB級映画と言ってもいいかもしれません。。。

人が死ぬシーンもあります。
グロいと思われるところもありますので苦手な人はやめておいたほうがいいかなと。

ただ、展開がサクサク進むので読んでいてストレスないですね。

ホラー小説の入門としてはいいです。

特殊な能力が持った人がいるのもホラー小説の王道。

ホラー小説を読んだことのない人にもオススメです。

→ ボルネオホテル

【関連記事】
ホラー小説「夜葬」が超怖い。得体の知れないものが迫ってくる恐怖

ホラー小説「禍家(まがや)」途中まで一気読み。最後が予想外だったけどちょっと残念

小説「夫が邪魔」をタイトル買い。現実になったらと思うと・・・狂気が本当に怖い

【編集後記】
昨日は税務署で調査のつめ。
その後に別の調査の相談と出版社で打ち合わせ。
原稿の手入れにもう少し時間がかかりそう。

【イクメン日記】
クリスマスに欲しいものがコロコロ変わって大変。。。
サンタさんが困るから早く決めたほうがいいと吹き込んでいます。

【一日一新】
とある業種からの相談
南阿佐ケ谷駅 ドトール

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録