ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

ホラー小説「夜葬」が超怖い。得体の知れないものが迫ってくる恐怖

calendar

ホラー小説の「夜葬」を読みました。
得体の知れないものが迫ってくる恐怖。。。

スポンサーリンク

夜葬

※ネタバレあります。

 

ホラー小説の「夜葬」を読みました。
同じ著者の「おるすばん」が面白かったので読んでみたのです。

Amazonのレビューを見ると文章力がどうこうと書かれていますが、私はまったく気になりませんでした。
ホラー小説はそれなりに読んでいますが、特にきになるような印象はなかったです。

「夜葬」は第23回日本ホラー小説大賞【読者賞】受賞作らしいです。

内容は、、

ある山間の寒村に伝わる風習。この村では、死者からくりぬいた顔を地蔵にはめ込んで弔う。くりぬかれた穴には白米を盛り、親族で食べわけるという。この事から、顔を抜かれた死者は【どんぶりさん】と呼ばれた──。 スマホにメッセージが届けば、もう逃れられない。【どんぶりさん】があなたの顔をくりぬきにやってくる。脳髄をかき回されるような恐怖を覚える、ノンストップホラー。

死者の顔をくりぬく、、、という時点で怖い。
くりぬいた顔に白米を盛り、親族で食べわけるという、、、。

想像したくもないグロさです。

得体の知れないものが迫ってくる

顔をくりぬくグロさもあるのですが、本当に怖いのは得体の知れないものが迫ってくること。
得体の知れないものに顔をくりぬかれてしまう。。

いまどきの小説らしくlineのようなものも出てきます。
急に文字化けしたメッセージが届く。
勝手に既読がつき、スマホのナビが始まる、、、。
そのナビの目的地が自分。

「目的地が自分」になっているのを想像すると恐ろしい。

スマホのナビが勝手に起動して「目的地まで〇キロ」とアナウンスされるのが怖い。

映画とか映像になったらものすごく怖いでしょうね。
グロさもありますし。。

何かが迫ってくるのは本当に怖いですね。

ネタバレされているのが残念

残念だなと感じたのは最初にネタバレされていることですね。

【どんぶりさん】があなたの顔をくりぬきにやってくる。

顔をくりぬきにやってくる、と書かれてしまっています。
何をされるのか、どうなるのか、を隠していたらもっと怖かったのかなと感じます。

あとはラスト。
最後がもうちょっと説明があるとよかったかなと。
どういうことなんだろう??と思ってしまうところがあります。

怖いのは間違いありません。
未読の方はぜひ。

→ 夜葬

【関連記事】
ホラー小説「おるすばん」が怖い。一人になるのが怖い・人形が怖い・救いがないのが怖い

小説「禁じられた遊び」が怖い。狂気が本当に怖い。予想外の展開で一気読み

見ると不幸になる絵「夜波の鳴く夏」が面白い。最後の1行が恐ろしい

【編集後記】
昨日はオフ。
子供たちと近くの公園に。
帰宅後はゲームなど。

【イクメン日記】
次男も自転車に乗れるようになってきました。
ストライダーを乗り回していた効果でしょうね。
長男より早いです。

【一日一新】
近くのステーキガスト

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録