ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

会社員に戻る可能性もあるけど無理かもしれないので出来るだけ戻らないようにする

calendar

独立して4年目。
今のところ会社員には戻りたくないなと感じています。

スポンサーリンク

満員電車が無理

いまは独立して4年目です。
ここ最近は満員電車にはほとんど乗っていません。
税務調査など午前中に予定が入ってどうしても乗らざるをえないときもありますがなるべく乗らないようにしています。
帰りも混雑する前に出来るだけ早めに帰宅するようにしています。

乗らなくなってから初めて満員電車の異常さに気づきました。
独立前は当たり前のように毎日乗っていたのが信じられません。
誰もいない電車の画像

会社員に戻ったとしてもあの満員電車だけは絶対無理だろうなと。
まぁ乗らざるをえないわけですからしばらくすれば慣れてしまうのでしょうけども。
満員電車に慣れることを想像するのも嫌です。

定時が無理

勤務時間が決められているのも無理ですね。
朝8時から17時、9時30分から18時の事務所もありました。
何れにしても「絶対この時間までいないといけない」のはストレスです。

独立して定時のない生活を経験してしまうと定時の考えが無くなります。
終わらなければ夜もやるし、朝遅めに起きて昼から仕事することもできます。
子供の用事があればいつでもいけます。
急なお迎えも対応できます。
時計の画像

絶対にこの時間働かないといけない、が無理になりました。

従業員同士の付き合いが無理

税理士試験の勉強をしていたこともあり勤務時代は従業員同士の付き合いはほとんどありませんでした。
なかったというより行かなかったです。
飲み会も極力断っていました。

そんなこともあり従業員同士の付き合いが面倒に感じてしまうのです。

一番最初に勤務した税理士事務所は先輩が大のお酒好きでしょっちゅう誘われました。
人間的にはいい人だったのですが飲みに誘われるのが嫌になり、、、それも退職した理由の一つです。

次の事務所は形だけの試験勉強で本気で勉強している人がほとんどいなくて毎日のように何かしら誘いがありました。
従業員数が多かったこともあり断りやすかったのはよかったですが。
お酒の画像今でも飲み会は苦手です。

同じ考えの仲間たちであればいいのですが、会社員に戻ったときの不安の一つが従業員同士の付き合いです。

給料にこだわりはないけど

毎月定額で給料がもらえるのはありがたいものです。
会社員のメリットですよね。

毎月収入があるかわからないフリーランスよりは会社員の方が自分には向いているかもしれません。

が、満員電車・定時・付き合いを考えるとフリーランスの方がいいです。

給料にはこだわりがないので生活できるだけの金額をもらえればいいです。
出世して給料あげたいとは思いません。
生活できる収入だけでももらえるか。。。の問題もありますが。

もし、完全在宅・時間の縛りなしで働けるなら会社員に戻ることもありかなとは思えます。

なるべく戻りたくない

独立するときは会社員に戻る可能性もあることは強く考えていました。
生活できなかったら会社員に戻るしかないなと。

生活できなくなったら会社員になる、は今でも同じです。

が、独立当初とはその思いの強さが違います。
独立当初なら躊躇なく戻っていたでしょうが、いまは力一杯齧りつきます。

なるべく会社員には戻らなくてすむようにします。

【関連記事】
満員電車に乗らないために独立するのもあり。嫌なことからは逃げてもいい

忙しくなりすぎないのが理想。忙しくても忙しいとは言わない

お金より時間が大切!「時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!」

【編集後記】
昨日は申告書の作成と法人決算を。
一度コストコで思いっきり買ってみたいので
近いうちにやってみようかなと。

【イクメン日記】
次男は折り紙の手裏剣がお気に入り。
作ってとせがまれるのですが、、、難しい。
折り紙勉強しようかと。

【一日一新】
千疋屋 ジュース

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録