ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

必要なものではなく欲しいものにお金を使う。「お金の減らし方」

calendar

「お金の減らし方」を読みました。
お金が減るのはイヤですが、どうやって使うのかは考えなければいけませんね。

スポンサーリンク

お金の減らし方

「お金の減らし方」を読みました。
タイトルはかなりインパクトありますよね。
お金の「増やし方」はよく聞きますけど「減らし方」は聞きません。

節約しよう、といった内容なのかなと思いましたがそうではなかったです。

帯に「お金ってそんなに大切?」とあるようにいかにお金を使うかといった内容だと感じました。

僕は金を減らす方法をほとんど知らない。一般的な金の使い方を知らないといっても良いかもしれない。世間で「お金持ち」として知られる人たちの生活を、ときどき見ると、あんなことは僕にはできないなあ、と感心するばかりである。また、大勢の人たちが、「お金持ちになりたい」とおっしゃっている。どうして、そう思うのか、僕には今ひとつ理解できない。

お金持ちになりたい気持ちが理解できない、と。

僕は、一般の大勢の方とは異なる金銭感覚を持っているらしい。自分では、全然問題でもなんでもない。僕は、自分が使いたいものや、欲しいものを買うために、お金を使っている。そんなことは、誰でもそうだろう、と皆さんはおっしゃることだろう。

自分のためにお金を使っているつもりだと。
そんなことはないと思っていたのですけど、本当にそうなのか?と感じるようになりました。

しかし、僕から見ると、大勢の方は、自分のためにお金を使っていない。誰か人に見せるために使っているのである。

誰か人に見せるために使っている。
確かにそうかもしれません。

目を輝かせたもの

自分のためにお金を使っているつもりではありましたけど、実際は違うのかも。

私は車が好きです。
将来はスポーツカーを買いたいと思っていたこともあります。
パソコンの壁紙をポルシェにしていたことも。

いまは、実際に買えるかどうかは別として「欲しい車を買う」といったことをまったく考えていませんでした。

以前に「欲しいものがない」といった記事を書きました。
思い返してみると、欲しいものがないのではなく単純に諦めてしまっているだけなのかもしれません。
86車の画像

自分が目を輝かせたモノが一体なんだったのか?
本当に自分が欲しいモノがなんなのか?
必要なモノにだけお金を使っていないか?

自分のこともそうなのですけど、子供たちにもこのようなことは伝えていきたいなと。

教えられるような知識はそんなにないのですけど・・・子供たちにお金のことを伝えていきたいです。

→ お金の減らし方

 

【編集後記】
昨日は日曜日なのでオフ。
子供とテニスに行きその後は近くをぶらっと。
さりげなくクリスマスプレゼントの下見も。

【イクメン日記】
テニスは楽しいみたいで行きたいと言ってくれます。
私も好きなのでやめたいというまでは続けてみようかなと。
二人とも好きになってくれているのが嬉しい。

【一日一新】
ワオンチャージ

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録