ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「代償」読了。最後の仕返しが弱い気がする

calendar

小説「代償」を読みました。
最初は嫌な話、最後はやり返す。
でもちょっと弱いかなと。

スポンサーリンク

小説「代償」

小説「代償」を読みました。
最初から嫌な展開で読み進めるのが大変でした。
最後にスカッとする展開があるのだろうと思って読み進めましたが・・・。

不幸な境遇のため、遠縁の達也と暮らすことになった少年・圭輔。新たな友人・寿人に安らぎを得たものの、魔の手は容赦なく圭輔を追いつめた。長じて弁護士となった圭輔に、収監された達也から弁護依頼が舞い込み。

不遇な境遇になってしまったのは本当にかわいそう。
疑わしい友人?がなんだか嫌な感じです。

最初から最後まで嫌な気持ち

1部は本当に嫌な話ばかり。
2部になって1部の話の回収をしているので読むのが少し楽になってきます。

酷い境遇だった少年が大人になって弁護士になったのは出来すぎな気もしますが、その後の仕返しのための伏線にも感じられます。

平凡な家庭の小学生・圭輔は、ある事故をきっかけに遠縁の同級生・達也と暮らすことになり、一転、不幸な境遇に陥る。寿人という友人を得て苦境を脱し、長じて弁護士となった圭輔に、収監された達也から弁護依頼が舞い込んだ“私は無実の罪で逮捕されました。どうか、お願いです。かつての友情に免じて、私の弁護をしていただけないでしょうか”。裁判を弄ぶ達也、追いつめられた圭輔。事件を調べ始めた寿人は、証言の意外な綻びを見つけ、巧妙に仕組まれた罠をときほどいてゆくが―。

少年時代に酷いことをされた相手が依頼人となる。
それだけで仕返しできるチャンスでもあります。

自分だったら受けないだろうなと思いつつ、少年時代の不思議な火事のことを知っている唯一の知人であることを考えると複雑ですね。

それにしても読んでいてこんな人間がいるのかと不思議に思いました。
主人公と友人の両方にイライラ。

主人公の煮え切らない態度もイラっとします。
もし自分だったら・・・と考えても何もできないのでしょうけどそれにしても小説として読むとなると煮え切らない態度はイライラしてしまいます。

本当に嫌な人間は友人。
サイコパスと言われるものなのでしょうか。
他人を操り楽しみ陥れる。
読んでいて本当に嫌になりますね。

最後にはタイトルの通り「代償」を払うことになるわけですけどちょっと弱いかなと。こんなに酷いことをされていてその程度で終わりか、と感じてしまいます。
最後のスカッとがもうちょっとあればよりよかったかなと。

→ 代償 (角川文庫)

 

【編集後記】
昨日は川遊びに。
子供たちはものすごく楽しんでくれていました。
ただ私は日焼けがすごくて痛い・・・。

【イクメン日記】
川遊びが楽しかったようでかなりはしゃいでいました。
また行きたいなと。

【一日一新】
子供たちと川遊び

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録