ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「密室殺人ゲーム」読了。気分悪くなるけど読み進めてしまう

calendar

小説「密室殺人ゲーム」を読みました。
嫌な気分になりながらも続きが気になる。

スポンサーリンク

小説「密室殺人ゲーム」

小説「密室殺人ゲーム」を読みました。
最初に「王手飛車取り」次に「2.0」と2冊読了。

内容はタイトルの通りです。
「密室殺人」そして「ゲーム」。

「ゲーム」とあるようにゲームです。
ゲームといってもリアル殺人ゲーム。

“頭狂人”“044APD”“aXe(アクス)”“ザンギャ君”“伴道全教授”。奇妙なニックネームの5人が、ネット上で殺人推理ゲームの出題をしあう。ただし、ここで語られる殺人はすべて、出題者の手で実行ずみの現実に起きた殺人なのである…。リアル殺人ゲームの行き着く先は!?

5人がネット上で殺人の推理問題を出題しあう、という内容。
ただその問題が空想上のものではなくリアル。
実際に殺人を犯しその方法や密室などのトリックの謎を出題するというもの。

気分悪くなるけど

リアル殺人ゲーム。
リアルなので本当に殺人を犯しています。

小説なので殺人はよく出て来ることではあるのですけれど「密室殺人ゲーム」は何となく嫌な気分になります。
読み進めたくないとさえ思うくらいに。それでもついつい読んでしまう面白さもあるので本当に複雑な気持ちです。

嫌な気分になる理由は殺人をただのゲームだと考えているから。

ホラー小説などでは猟奇的な犯人がでてくることもあり、殺人を楽しんでいることもあります。
それと同じといえば同じなのかもしれませんが、ただのゲームの出題のためだけに殺人を犯すのはなぜか気分が悪い。
密室殺人ゲーム

殺人を犯すことに対して本当に何とも思っていないのが・・・。

あの殺人ゲームが帰ってきた。ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。

トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。

これが気分悪くなる一番の理由ですね。
それでも先を読み進めてしまう面白さ。

「王手飛車取り」は中途半端な感じで終わってしまいます。
これで終わり?と。
ただその結末がどうなったのかは次の「2.0」で判明します。

「2.0」を読んでいると頭が混乱するところもありますが、理由が途中で判明してスッキリ。
リアル殺人ゲームに憧れる人たちがいたことにも驚きます。
「2.0」の最後は驚愕でした。

どんどん刺激的なことを追い求めて・・・思いついても実行するか?と思うことまで。

未読の方はぜひ。

→ 密室殺人ゲーム王手飛車取り

 

【編集後記】
昨日は税務調査の相談。
その後に子供たちの算盤に。
待ち時間に執筆など。

【イクメン日記】
マリオカートの新コースを楽しみにしています。
もう子供たちの方が上手いので必死。
次男もかなり上手くなりました。

【一日一新】
JR券売機で受取

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録