ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

映画「テッド・バンディ」を視聴。最後が衝撃だった

calendar

映画のテッド・バンディを観ました。
最後に衝撃を受けました。

スポンサーリンク

テッド・バンディ

※ネタばれあります。

 

Amazonプライムビデオにあった「テッド・バンディ」を観ました。
まったくの予備知識なしに何となく面白そうかなと思って視聴。
視聴してみるとぐいぐい引き込まれて最後まで集中して観てしまいました。

「テッド・バンディ」は完全に映画の話だと思っていたら実在したらしくてビックリです。

1969年、ワシントン州シアトル。テッド・バンディ(ザック・エフロン)とシングルマザーののリズ(リリー・コリンズ)とは、あるバーで恋に落ちる。素晴らしい出逢いの一日から始まり、デッド、リズと彼女の幼い娘モリーの三人は、幸福を絵に描いたような家庭生活を築いていく。
最初は知り合った女性と仲良くなり、その女性の娘と3人で仲良く生活している姿があります。
このあと何か問題が起こるのかなと思っていたら予想以上のことが起きました。
しかしその運命は一変。テッドが信号無視で警官に止められた際、車の後部座席に積んでいた道具袋を疑われて逮捕されてしまう。マレーで起きた誘拐未遂事件の容疑だった。またその前年にも女性の誘拐事件が起きており、キング郡警察の発表によると、目撃された犯人らしき男の車はテッドの愛車と同じフォルクスワーゲン。新聞に公表された似顔絵は、テッドの顔によく似ていた。突然の事態に混乱するリズ。テッドはすべてまったくの誤解だと説明するが、次第に、いくつもの事件の真相が明らかになっていき・・・。
殺人犯と間違えられて逮捕。
そのまま裁判になり、という展開・

最後が衝撃

予備知識なしに観ていたら最後に衝撃を受けました。

殺人犯と勘違いされて逮捕、裁判続き。
ずっと犯行を否認していて本当に冤罪ではないかと思わせるような展開です。
殺人犯どころか逆にいい人ではないかとさえ思わせるような感じ。

判決で有罪が確定したときには「このあと実は真犯人が発覚して実は冤罪でした」となるのかななんて思ったりもしました。

が、それはまったくの的外れ。

最後の最後になってテッド・バンディが犯人であったことを自白します。
映画ではそこまでの流れでずっと否認していたし冒頭に知り合った女性に対してもずっと「自分は犯人ではない」と言い続けており、視聴者とすれば誰もが「冤罪ではないか」と思っていたことでしょう。

そこで実は犯人だったと知って驚きました。

冒頭に出会り愛した女性のために嘘を言っているのかなとも考えたのですが、テッド・バンディが罪を犯す描写がありますからそうではないことがわかります。
最初から本当に最後までずっと冤罪だと思わされてきたところで「実は犯人だった」のはすごく驚き、だまされたという思いもあります。

本当に恐ろしいと感じたのは「善人そうに見えた人が本当は残酷な犯人だった」こと。
現実でもありそうで恐ろしい。
映画では最初からずっと「自分は犯人ではない」と言ってましたし、なんなら良い人ではないかとさえ思ってしまいましたから。

よかったのはグロい表現がなかったこと。
殺人の内容はかなりグロテスクだったようですが映画ではそのような描写はほとんどありませんでした。
グロテスクな犯行内容を期待している人にとっては物足りないでしょうね。

全く予備知識がなかったからそれほど不自然には感じませんでしたけどテッド・バンディを知っている人にとっては色々と端折りすぎているところがあるようですね。

興味のある人はぜひ観ていただければ。

→ テッド・バンディ

 

【編集後記】
昨日は自宅でゆっくりと。
午前中に少し仕事をして午後は自宅で子供たちと過ごしました。
公園に行きたいところでしたが雨だったので自宅で。
お昼に揚げ物を食べたら胃もたれで。
まったく食べられなくなってしまいました。
歳ですかね。

【イクメン日記】
夏休みが少なくなり残りの日数で何かしたいと。
雨続きで難しいですが何かしてあげたいですね。
花火、キャンプ、星空観察などできたらいいのですが。

【一日一新】
Y氏の隣人

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録