ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

小説「殺した夫が帰ってきました」が面白い。最後がもうちょっとインパクトあると良かったかも

calendar

小説「殺した夫が帰ってきました」を読みました。

途中まですごく楽しめたのですが、最後がもうちょっとインパクトあった方が良かったかも。

 

スポンサーリンク

殺した夫が帰ってきました

 

※ ネタバレあります。

 

小説「殺した夫が帰ってきました」を読みました。

タイトルのインパクトはすごいですよね。

タイトルで買ったようなものです。

ホラーかなと思っていたのですが読んでみるとそうではなくミステリーですね。

表紙も暗い感じでホラーかなと。
ホラーでなかったのは残念ですけど楽しめました。

内容はまさにタイトル通り・・・?

ストーカーに付きまとわれて自宅までこられてしまい、家の中に入ってこようとするストーカー。
そこに夫が戻ってきて。
ただ夫は以前に崖から突き落として殺したはず。

やっと手にした理想の生活だったのに……。

都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。茉菜は取引先に勤める穂高にしつこく言い寄られ悩んでいた。ある日、茉菜が帰宅しようとすると家の前で穂高に待ち伏せをされていた。茉菜の静止する声も聞かず、家の中に入ってこようとする穂高。

その時、二人の前にある男が現れる。男は茉菜の夫を名乗り、穂高を追い返す。男は茉菜の夫・和希に間違いなかった。しかし、茉菜が安堵することはなかった。なぜなら、和希はかつて茉菜が崖から突き落とし、殺したはずだったからだ。

 

戸惑う茉菜をよそに、和希は茉菜の家に上がり込む。改めて話を聞いてみると、和希は過去の記憶を一部なくしており、茉菜と一緒に暮らしたいという。茉菜は渋々それを受け入れる。

かつての和希はとても暴力的な人間だったが、いざ暮らしはじめると、暴力的な影は一切見られず、平穏な日々が過ぎていった。

しかしそんな矢先、茉菜のもとに一通の手紙が届く。手紙には一言だけ「鈴倉茉菜の過去を知っている」と書かれていて……

記憶をなくし帰ってきた、殺したはずの暴力夫。謎めいた正体と過去の愛と罪を追う、著者新境地のサスペンスミステリー。

戻ってきた夫は記憶がない。

以前のように暴力的ではない。

そこから始まります。

本当に夫?

戻ってきた夫が本当に夫なのか?

常に疑問を持って読み進めていくこととなります。

記憶が無い、というのはある意味で便利な設定だなと。

曖昧なこと、都合が悪いことは「覚えていない」で済んでしまうし。

暴力的だったのに記録が無くなったことで穏やかになるのか。

 

性格もまったく変わってしまうのか。

本当に夫なのか?と疑問に思いながら読むことになります。

 

いずれ記憶が戻って復讐されてしまうのか、なんて予想もしながら。

夫だけでなく妻も

 

戻ってきたのは本当に夫なのか?

読んでいくと答えがでます。

警察から連絡があり、行方不明だった夫の遺体が発見されたと。

となると、夫だと思って帰ってきた人は一体誰だったのか?

そもそも不自然なところもあります。

妻が夫を間違えるか?

夫に似ている人はいるかもしれないけど、数年ぶりにあったとしても夫を間違えるか?という疑問がでてきます。

 

実は妻も違う人物だったと。

都内のアパレルメーカーに勤務する鈴倉茉菜。

実は違う人物が鈴倉茉菜を名乗っていて・・・。

 

それであれば夫を知らなくても当然です。

鈴倉茉菜になりすましているから鈴倉茉菜の夫の顔を知らない。

写真で見たことある人物を夫だと思い込んでいて・・。

となると、妻も誰なのかと。

 

夫が誰なのか、どんな目的で戻ってきたのかと思いながら読んでいたところで、実は妻も違う人物とわかり驚きます。

一体どうなるんだろう、真相?とドキドキするのですが、結末はちょっと残念かなぁと。

 

どうなる?と思わせておいてあっけなく終わってしまうような感じで。

途中までは「どうなるんだろう」とドキドキしながら読めます。

最後はちょっと残念な感じはしましたが楽しめました。

未読の方は是非。

→ 殺した夫が帰ってきました

 

【編集後記】
昨日は決算報告。
HPにエラーが出ていたので修正なども。
しばらくメンテナンスしていなかったので集中的にやりました。
定期的にやった方がいいですね。

【イクメン日記】
通知表をもらってきました。
不思議なのは二人とも音楽がよかったこと。
特に長男は前年からずっと良い。
不思議です。。

【一日一新】
サンマルク アイスゆずちゃ

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録