ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

妻が事業をやりたいと言ったときに快く応援するために必要な3つのこと

calendar

先日、ブログの勉強会に参加してきました。

すごくためになりましたね。
有名なブロガーさん達にも会えて非常に嬉しかったです。

時間は22時までだったのですが、
小さい子供がいる女性が数人参加されていたのですごいなぁと感じました。
みんな有名な方なんですけどね。
夫の協力があるからできることでしょう。

妻が夜のイベントに参加したいといったらどうですか?
妻の活動を快く応援できる夫になりたいものです。

2015-09-16 21.27.04

スポンサーリンク

妻が何かをやりたいと言ったらどうしますか?

もし、妻が何かやってみたい、と言い出したらあなたはどうしますか?

何をやりたいか、にもよるでしょうけどね。

ただのダイエットとかだったら「やれば」で終わりでしょう。
では、事業をやりたいと言ったらどうしますか?
考えちゃいますよね。

「やってみなよ」と即答できないですよね。
私は出来ないです。
今の状況で、仮に「事業をやりたい」と言い出したら
何の事業をやるのかにもよりますが、おそらく全力で止める方向に
もっていくでしょうね。。。

子供のいる女性が夜のイベントに参加

先日、ブロガーの勉強会がありました。

すごいメンバーが集まっていましたよ。
桃音さん、トイガーさん、まなしばさん、タクスズキさん。
全員のPVを足したらどんだけ行くんだろうか。。。
(特に桃音さんのPVが凄かった!)

有名ブロガーがいた、というのもすごいのですが
それ以上にすごいと思ったのは小さい子供がいる女性が何人か参加されていたことです。

主催者であるまなしばさんの他にも桃音さん、necoさん。

みんな子供がいます。
なのに22時くらいまでイベントに参加されていました。

参加できている理由は夫の協力があるからでしょう。
直接理由を聞いたわけではないのですが、間違いなくそうでしょうね。

まなしばさんのTwitterをみるとよくわかりますよね。
(勝手に載せてすいません)
2015-09-18_1446

旦那さんがすごい協力してくれているんでしょうね。

自分だったらできるかな・・・
子供の面倒を見るのはいいんですよね、好きだから。
でも、妻が子育てよりも仕事をしているっていうのが違和感あります。

快く応援するためにやっておくべき3つのこと

妻が夜のイベントに行く、なんていったら快く「いいよ」と
言ってあげられないかもしれない。
正直、日曜日に美容院行ってくるというのも快く「いいよ」と言えないし。。。
(心が狭いだけか。。。)

妻が何かをやりたい、と言ったときに快くやらせてあげるために
やっておくべきことを考えてみました。

  • お金の問題
  • 子供の問題
  • 家事の問題

こんなところです。

お金の問題を考えておく

夫が反対する理由の一番大きいのはお金の問題ではないでしょうか。
もし失敗したらどうするのか、と考えると不安ですよね。

初期費用が必要な事業だったり、借入をするとかだったら大きな問題です。
失敗してしまったら、「やっぱりダメだったね」というレベルではありません。
人生を狂わせてしまう可能性があります。

そうならないためにも、初期費用がかからないもの・借入が必要ないものを
選ぶようにする必要があります。
プロブロガーを目指す、とかだったら応援しやすいですよね!

あと、お金をかける上限を決めておく。
資金繰りに困ったら100万円までは使う、とか。
それを超えたら潔くやめる。

事業にどこまで本気でやるのか、どこまでお金をかけるのかは
夫婦でよく話し合っておきましょう!

子供の世話をどうするのかを考えておく

子供のいる人、特に小さい子供の場合は世話をどうするのかを
考えておかないといけないですよね。

在宅で手があいたときにできるならまだいいでしょう。
(子供が小さいと手があいたら休みたいでしょうけど)
ただ、事業をやるとなると今より手をかけられなくなるのは事実。

子供に手をかけられなくなる、という問題をどうすうか。

夫が協力できるならいいですけどね。
仕事などで協力したくてもできないケースもあるでしょう。
子供を預けるといっても在宅の自営業とかだと難しい場合もあります。

夫が面倒みるなら自分一人で世話できるようにならないといけません。

子供の世話をどうするか、は考えておかないといけません。
子供と遊べるのは今だけ、ですよ。

家事の問題をどうするか

子供の問題と同じですが家事をどうするのかも考えておきましょう。

まぁ、夫がやりましょうということになりますよね。
洗濯、掃除くらいはできるでしょう。
料理はなかなかハードルが高いです。(私もできません)
自分一人分くらいの料理は作れるようになった方がいいでしょうね。

夫は、最低でも自分の食事くらいは用意できるようにしておきましょう。
妻がいないと何にもできない、では困りますよね。
妻の食事まで用意できるレベルになればかなり喜ばれるでしょう!

料理はホントに大切だなと実感しています。
(独り身になってもなんとかなるし。。。)

まとめ

自分がブログをやり始めて知ったのですが、
フリーランスのプロブロガーって女性が多いですよね。
女性の活躍がすごいです。

夫としては妻が何かをやりたい、といったときに
快く「いいよ」といってあげましょう!

そのための準備を常にしておきましょう。

おまけ

『いますぐ妻を社長にしなさい』という本がありますが、
こちらは節約とか節税の本です。
妻に事業をやらせようという本ではありません。
節約、節税には参考になります。

【関連記事】

【編集後記】
今日は幼稚園の運動会。
父親参加の競技もあってすごい疲れました。。。
一眼レフの撮影は何とかクリアした感じ。

【イクメン日記】
初めての運動会。
いつも練習している場所と違ったので
それだけでもかなり興奮気味。
楽しんでいたようで良かったです。

【一日一新】
一眼レフ実戦
幼稚園の運動会

お知らせ
■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録
       

こちらの記事もオススメです