ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

大きな本屋はまったく縁のない本を見ることができるのがいい

calendar

たまに大きな本屋に行きます。
ただ見に行くだけでも好きです。

スポンサーリンク

大きな本屋

以前から大きな本屋に行くのが好きです。
独立前に勤めていた事務所は銀座だったのでそこから15分くらい歩いて日本橋にある丸善に行くことが楽しみでした。
帰りにしょっちゅう行ってました。

毎回買うわけではなくただ店内をぶらっとして帰るだけ。

それが楽しくて帰りによく寄り道していました。

最近になって八重洲ブックセンターにサイン本コーナーがあることを知りました。
当時はまだサイン本に興味なかったのですけど今なら八重洲ブックセンターに行くでしょうね。
珈琲フロートと本サイン本を集めていたかもしれません。

縁のない本

大きな本屋に行くのは縁のない本を見ることができるからでもあります。

普段ならまったく見ることもない手に取ることもないだろうと思われる本を目にすることができます。
○○フェアとか○○特集とかをよくやっているのでそれらを見るのが楽しい。

普段なら素通りというか気づくことすらなかったような本をみることができます。

Amazonでも買うことがありますけどAmazonだとまったく興味ない本がでてくることってあまりないですよね。
Amazonはおススメ本がどんどんでてくるので便利ですし気づかなかった新刊なども出てくるので助かります。
けど、まったく検索も見てもいない本はでてきませんよね。

まったく自分と縁のなかった本を見つけることができるのも楽しみの一つ。
興味がなかった本ですから見つけても買うまで至らないこともあります。
それでもいつも同じような本ばかりになってしまうよりはいいのかなぁとも感じます。
「こんな本があるんだ」と気づくだけでも私にとってはプラスです。

昔に買ったファインマンさんの本も本屋でみつけて買ったものです。
ご冗談でしょう、ファインマンさん
「ご冗談でしょう、ファインマンさん」のタイトル。
普通だったらまったく見向きもしなかったでしょうね。
たまたま物理かなにかのフェアをやっていて知ることができました。

気になって調べてみたら面白そうだったので購入。
お気に入りの本になりました。

Amazonも便利ですけどたまには本屋に行ってみるのもいいものです。

【編集後記】
昨日は税務調査の相談と資料預かりなど。
最近は寝落ちしてしまうことが多いです。
人をダメにするソファで本を読んでいるからだとわかっているのですがやめられません。

【イクメン日記】
台風の影響で大雨のなか帰宅。
二人ともかなりびしょぬれでした。
長靴が意味ないくらいに。

【一日一新】
新しいコップ

お知らせ
■出版しました!→個人事業者の税務調査対応ケーススタディ  個人事業者・フリーランスの税務調査 実例&対応ガイド   ・十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録