ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

時間を無駄に使わないためにも、自分の「最優先事項」を考えてみましょう。

time 2014/09/27

時間を無駄に使わないためにも、自分の「最優先事項」を考えてみましょう。

今日は子どもの運動会でした。
いつもは9時過ぎに寝るのですが、今日は7時半頃に寝てしまいました。
よほど疲れていたのでしょう。
2014-09-27 21.19.29

sponsored link

急な空き時間に何をするか

子どもが早く寝てくれたのでいつもより時間ができました。
いつもは子どもが寝た後は、ブログを書いて読書して寝ます。
今日は時間ができた分、読書する時間が増えました。

平日に急に仕事がキャンセルになり空き時間ができたときに何をするか、は考えておいた方で良いです。

空き時間ができてから、さて何しようと考えていては時間がもったいないです。
私の場合は、読書です。
少しでも時間ができたら本を広げるようにしています。
これは今年から意識してやっています。
去年までは読書の習慣がなく、本を買っても読まずにそのまま放置しておくことがよくありました。
このままではダメだと思い、意識して時間ができたら本を読むようにしています。
そのため常に本を持ち歩いていますし、スマホに電子書籍で何冊か入れてあります。
空き時間ができたら、本屋に行くことも多いですね。
近所に大きい本屋がないので時間ができたときは大型書店に行くこともあります。

このように時間ができたときにやることを決めておけば時間を無駄にすることはありません。

時間を無駄に使うことは命を無駄に使っている

人間はいつかは死にます。
死ぬまでの残された時間を使うということは自分の命を削っているようなものです。
時間を無駄に使うということは、自分の残された命を無駄に使っているのです。
そう考えると一分一秒も無駄にはできませんよね。

先日読んだ、「生の短さについて」という本のなかに、
『人生を短くしているのは自分自身』という言葉があります。
時間の使い方を知っている人間にとっての人生は十分に長い、
しかし、使い方を知らなければ例え寿命が数百年あっても短い、 ということです。

時間は最優先事項にたくさん使う。

限られた時間を自分の生活に平等に使う必要はありません。
一番大切なこと、好きなことに時間をかけるべきです。
でも、自分にとっての最優先事項は何かと考えてもなかなか即答できません。

自分の最優先事項の見つけ方

「時間に支配されない人生」という本に、
『今すぐ自殺できるか? できないなら理由はなにか?』 という文言があります。

私も考えてみましたが、当然、自殺はできません。
理由は子どもの成長を見ずには死ねないからです。
私にとっての最優先事項は「子どもの成長を見る」ということになります。
私の最優先事項は子どもの成長を見るということですから、
子どものために時間をたくさん使うべき、ということになります。

まとめ

ネットサーフィンしたりボーとして時間を無駄にすることは命を無駄にしていることになります。
趣味など好きなことに使っていれば有効に使っているといえるでしょう。
時間がもったいないから何かを一生懸命やることはいいことです。
でも、その何かが優先度の低いことかもしれません。
自分にとっての最優先事項を考えてみましょう。

【編集後記】
先日ヤフオクデビューしたので本を出品してみました。
正直面倒くさいですね。
多少安くてもブックオフの方が楽です。

【イクメン日記】
今日は長男の運動会でした。
まだ未就園ですから10分くらい踊ったり走ったりしただけです。
それにしても、ビデオカメラの争いは凄かった。
来年はこの争いに参加するのかと思うと嫌になります。

       

こちらの記事もオススメです

人を雇うのは大変!良い人を採用するために必要な4つのこと
従業員を採用したら助成金が貰えるかも! 雇用関係の助成金は雇用保険加入が必須。
問い合わせ=成約となるようにメニューの内容は詳細に書いておく

sponsored link

イクメンプロジェクト

管理人

内田敦

内田敦

ディズニー好きなイクメン税理士です。【ディズニー税理士】【イクメン税理士】Google検索1位。 ブログは15万PV達成。時間重視の働き方を目指しています。5歳と2歳の子どもがいます。両方とも男の子。 ブログは2014年6月3日より日継続して毎日更新しています。税金記事はhttp://www.uchitax.com/ [詳細]

正しい税理士の選び方の冊子を差し上げます!

詳しくはこちら

Twitter でフォロー



sponsored link

スポンサードリンク

ブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村