ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

絵本「パパの柿の木」は子供に何度も読ませたい。当たり前の日々の大切さを教えてくれる

calendar

スポンサーリンク

日航123便の事故絵本「パパの柿の木」を買いました。

何でもない当たり前の日常の大切さを教えてくれます。

絵本「パパの柿の木」を買いました。
夏休みが近く読書感想文のためというのが理由の一つ。
もう一つの理由は、日航機事故の遺族の絵本だからです。

長男が飛行機好きで飛行機の動画をよく見ています。
飛行機の離着陸や空港の動画も好きではあるのですが、もう見飽きてしまっています。
いまよく見ているのは危機一髪のトラブルや事故などの動画。

健全ではないかもしれませんが、、、、好きなのでいいかなと。
私も健全ではないと思われるホラー小説ばかり読んでいるので。

最近よく見ているのが「日航123便」の事故です。
御巣鷹山に墜落した事故。
もう30年以上経っていてテレビでも何度も特集されています。
Amazonのプライムビデオでも動画をみることができます。

どのように事故が起きたのか、どうすればよかったのか、を子供ながらに考えているようです。
いつもおもちゃの飛行機を使って事故の再現をしています。
飛行機のおもちゃ

何か日航機事故に関する子供でも読める本がないか探していたところ「パパの柿の木」を見つけました。

絵本「パパの柿の木」

絵本「パパの柿の木」は日航機事故で夫を亡くした谷口真知子さん作です。
絵本「パパの柿の木」の画像長男は絵本をみるなり「谷口さんの本だ」とすぐわかりました。
何度も事故の動画で遺族として谷口さんが出ているのですぐにわかったようです。

中身は子供でも読めるような簡単なものです。
絵本なので文字は少ないです。
漢字もありますがフリガナがありますし、そもそも簡単な漢字しか使われていません。

8歳の長男はすらすら読むことができました。
10分くらいで読めます。
長男は何度も読み返していました。

「パパが亡くなる前に植えた柿の木がずっと見守っていてくれる。」

突然パパを失った家族の様子が描かれています。
「それから毎日、ママはパパの靴を置いていた」
「「ピンポン」と玄関のチャイムがなると、パパが帰ってきたと思って、おおいそぎで飛び出した。」
「まいばんボクは、パパのシャツを抱きしめて寝た。」

などなど。
自分では防ぎようがない、どうしようもないこともありますが家族にこのような思いをさせるのは辛いなと。

日頃忘れがちな日常の当たり前の幸せを大切にしようと思わせてくれます。

ありきたりな日々がとっても大切。日航機事故で突然夫を亡くし、絶望の中から柿の木の成長に励まされながら子供たちと懸命に生きてきた女性が、命の大切さを伝える。

絵本「パパの柿の木」

子供向けの絵本ではありますが大人にもお勧めです。

→ パパの柿の木

【関連記事】
絵本「ママがおばけになっちゃった」は子供が食いつくけど親が読んだ方がいい

NIVEAのイベントでメモリアルフォト缶作成。子供たちの写真を缶に

TheWorthless(ワースレス)のライブが楽しい!ヒゲと人形が面白い

【編集後記】
昨日は納特など。
少ないのですぐ終わりましたが自分の分を忘れていました。。
こっそりマリオメーカー2でコース作ったりも。

【イクメン日記】
相変わらずヒカキンが好きです。
兄弟揃ってみています。
長男はマインクラフト、次男はマリオ。

【一日一新】
絵本「パパの柿の木」
とある手続き

お知らせ
■出版しました!→ 十人十色の「ひとり税理士」という生き方   ■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない! ■メルマガ登録はこちら → メルマガ登録