ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

子供が作った作品は保管しておこう!孫に見せると喜ぶかも

calendar

reload

子供が作った作品は保管しておこう!孫に見せると喜ぶかも

幼稚園に行ってから子供がいろいろなものを作ってきます。
大きなものもあったりして邪魔だったりするのですが、
子供が作ったものは何らかの形で取っておいてあげましょう!

子供が幼稚園に行くと本当にたくさんのものを作ってきます。
お絵描きから車、おもちゃなど本当にたくさん。

これらを全て取っておくと邪魔になって大変です。
それでも、何らかしらの形で取っておいてあげましょう。

IMG_6406

※私が幼稚園のときのもの(親が取っておいてくれました)

スポンサーリンク

幼稚園で作品をたくさん作ってくる

長男が昨年の4月から幼稚園に通っていますが、
本当に色々なものをたくさん作ってきます。
その都度、子供の成長を感じられていいなぁと感じますよ!

最近では、車を作ってきました。
IMG_5693

これ、本当にものすごく大きいんですよ。
私が両手を広げたくらいの大きさです。

長男は作ったのが本当に楽しかったようで、今でもこれを見ていることがあります。
「これ自分で全部作ったんだよ」と言ってます。
長男の中では本当にいい体験だったようです。

自分の作品を子供に見せる

先日、実家に行ったときに母が「面白いものを見せてあげる」と言って子供たちにあるものを渡しました。
IMG_6406これ、私が幼稚園のときのものです。
もう30年以上前のもの!
母がずっと取っておいてくれたのです。

長男が興味深そうに見ていました。
「これパパが書いたの?」といってしばらく見ていました。。。
自分の絵と比べていたような感じです。
IMG_6405まさか親が自分の幼稚園のときのモノを保管しているとは思わなかったので本当にビックリしました。
幼稚園の頃に描いたものを自分の子供に見せるときがくるとは・・・まったく考えてもいなかったです。

ちょっと恥ずかしい気持ちもありましたが、なんとなく嬉しいという思いもあります。

自分がどういうものを作っていたのか、描いていたのか、どのような幼稚園児だったのか。
子供にそれを見せるのは恥ずかしい部分もあるのですが、
子供は非常に興味をもって聞いていました。

子供は親のことを知りたいんですよね。

子供が作ったものは何かしらで保管しておく

ちょっと前に一日一捨というものを始めました。
毎日何か一つ捨てていくというものです。

関連モノは簡単に捨てられる。捨てることが楽しくなる「一日一捨」

この取り組みを始めてからモノを捨て始めています。
捨てたものの中には、長男が幼稚園で作ってきた「作品」もあります。

IMG_6320

捨てる前にすべて写真を撮りました。
写真はすべてクラウドで保存してあります。

将来、長男に子供ができたときに見せてあげたいというのもありますし、
私自身が子供の成長を記録しておきたいという気持ちがあります。

本来は「作品」の現物を保管しておけばいいのですが、
場所の問題でずっと保管しておくのは難しいです。

現物の保管は難しいですから写真を撮って保管しておきましょう。
子供も「捨てた」というと悲しがりますが、写真を見せると安心しています。

まとめ

子供が作ったものはなるべく保管しておきましょう。
場所がないなら写真を撮ってから捨てる。
写真があるだけで子供も安心しますよ。

出来れば子供に子供が生まれたらそれを見せたあげましょう。(自分の孫に見せる)
子供の子供(孫)は喜ぶでしょう。

関連記事

【編集後記】
回転寿司のはま寿司で食べた鴨そばが美味しかったです。
妻が注文したものを食べてみたのですが以外といける。
回転寿司店の寿司以外のメニューもバカにできませんね。

【イクメン日記】
次男のわがままが激しくなってきました。
気に入らないことがあると奇声を上げるように。。。

【一日一新】
はま寿司の鴨そば

【一日一捨】
回転寿司店は寿司を食べるところだという考え

お知らせ
■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない!
       

こちらの記事もオススメです