ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

保険料払込みが免除に!病気やケガをしたときは契約内容の確認を!

calendar

reload

保険料払込みが免除に!病気やケガをしたときは契約内容の確認を!

ちょっと前に保険会社の人と打合せをしました。

保険って難しいですよね。
税金の取り扱いもそうですけど、いろいろな契約があってとてもすべて理解はできません。
転換というものも始めて知りました。

そのときに知ったのが、病気やケガをすると保険料の払込みが免除になることがあるということ。

保険料を払わなくても保障はずっと続くんです!

該当するなら申請しないと絶対に損ですよ。

2015-09-08 17.41.55

スポンサーリンク

保険料払込免除とは

保険って難しいですよね。
税金の扱いも難しいです。
半分だけ経費になったり、全部が経費にならなかったり。
必ず保険会社に確認をするようにしています。

その保険についてちょっと前に保険会社の人からいろいろと話を聞く機会がありました。
知らないことばかりで大変勉強になりました。

そのなかで、一番驚いたのは「保険料払込免除」というもの。

保険料払込免除というのは、病気やケガなどで所定の状態になったときに
以後の保険料が免除されるという特約です。
保険料は免除されても保障はずっと続きます。

みなさん、これ知っていましたか?
私は初めて知りました。。

検索してみると、住友生命がでてきました。
2015-09-08_1124

 

どういうときに払込免除になる?

保険会社によって違いはあるようですが、

  • がん
  • 急性心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 要介護状態
  • 重度の高血圧症
  • 重度の糖尿病
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変

などになった際に免除になるようです。

実は私の母親が上記の一つに該当しています。
早速伝えて保険内容を確認したのですが、どうやらこの特約はついていなかったようです。。。

払込免除特約はつけた方がいいのか?

保険料を払わなくても保障が続くのはいいですよね。

私の母親の場合はまだ57歳なのでこれから先20年から30年くらいは
保険料を払い続けることになります。
保険料払込免除の特約がついていれば払込が免除されていたわけですから
かなり大きいですよね。

保険料払込免除特約のデメリット

ただ、保険料払込免除特約にもデメリットがあります。
それは主に次の2つ。

  • 保険料が高くなる
  • 保険会社によって要件が違っている

保険料が高くなる

当然ですが、保険料が高くなります。
ちょっと検索してみたのですが、特約料が書いてあるものがありませんでした。。。

ある保険会社の資料ですと、
(主契約保険料+特約保険料)×1% となっていました。
大した額ではなさそうですね。

ですが、大した額でなくても毎月しかも終身支払うとなるとかなりの金額になります。

保険会社によって要件が違っている

こちらも注意が必要です。
保険会社によって免除になる要件が違っているのです。

富士生命だと、
2015-09-08_1148

住友生命だと、
2015-09-08_1149
富士生命に入っていれば免除になったのに、住友生命だから免除されないなんていうこともありえます。
当然逆のケースもあり得ます。
将来、自分がどんな病気になるかなんてわかりません。
仕方のないことなのですが、保険会社によって要件が違うということは知っておいた方がいいでしょう。

保険は分の悪い賭け?

賭け、というと印象が悪いのですが保険って賭けみたいなところもあります。

医療保険で、毎月2,000円の保険料を10年間支払ったら24万円です。
その10年間でケガや病気をして保険金を24万円以上もらったら勝ち、みたいな。
1回だけケガをして5万円もらった、とかだと損するので負け。

もちろん、先進医療のような高額な治療費がかかる場合もあります。
そのときは保険に入っておいた方がいいでしょう。
がん保険なんかもそうですよね。
高額な治療費がかかります。
(先進医療の治療なんてまず受ける機会はないでしょうけど。。。)

家族がいる方は残された家族のために保険に入ることは必要です。
分が悪い賭け、とか言ってられません。

保険料免除特約はつけた方がいい

結論ですが、保険料免除特約はつけた方がいいでしょう。

そもそも医療保険が必要なのか、という問題もありますがそれは置いといて。
入るのであれば免除特約はつけておきましょう。

特約料として少しだけ保険料が上がりますが、
実際に免除される状況になったら非常に助かりますから。

上述しましたが、私の母親が特約をつけていなくてちょっと後悔しています。
幸い、父も元気で生活できるだけの収入はあるので保険料が負担にはなっていません。

高齢になってくると、収入が減って不安になってくることが多いですからね。
そんなときに保険料が免除されるのは大きいです。
しかも保障は続くわけですから。

保険料の免除は自分から申請する

ケガや病気で保険料免除に該当することになったら自分から申請しましょう!
保険会社からは言ってきてくれませんよ。

必ず自分から申請するようにしましょう。

免除されるのに保険料を払い続けているのは非常にもったいない!

もし、免除に該当するかも?とちょっとでも思ったかたはすぐに保険会社に確認してみましょう。

まとめ

何度も言いますが保険って本当に難しいですよね。。
知らないことばかりです。
今回の免除の話も知らないと損してしまいます。

たまには保険会社の人に相談した方がいいですね。
営業されるのが嫌、という気持ちもわかりますが。。。
みんながみんな営業ばかり考えているわけではありません。

加入したときの担当者に連絡をしてみましょう。
知らないことを教えてくれるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

【編集後記】
長男が具合が悪いので病院に。
同じ幼稚園の子が何人か来ていました。。
季節の変わり目で体調を崩すケースが多いのでしょう。

【イクメン日記】
はじめて幼稚園を休み。
明日は行けるようになるといいですが。。。

【一日一新】
子供を病院に連れて行ってから仕事
知り合いのセミナー参加

お知らせ
■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない!
       

こちらの記事もオススメです