ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

中学受験はした方がいい?受験するかしないかは子供次第。

calendar

reload

中学受験はした方がいい?受験するかしないかは子供次第。

中学受験をするかしないかは大きな問題。子供自身もそうだし親も大変です。
中学受験をするのかしないのかは子供次第です。

先日、中学受験の現役講師と会食しました。
いい機会なので中学受験をした方がいいのか話をきいてみると、受験はした方がいいとのこと。

中学受験って子供もそうですけど親も大変ですよね。
子供だけの問題だけではありません。
ですが、決めるのは親ではないのです。

中学受験をするかしないかは子供次第。

creative-desk-pens-school

スポンサーリンク

中学受験をした方がいい3つの理由

その現役講師に中学受験はした方がいいのか聞いてみました。
すると、当然ながら答えは「Yes」。

その講師(友人)が言うには中学受験するべき理由は3つあるとのこと。

  1. 将来の仲間の輪が広がる
  2. 公教育がダメ
  3. 勉強に対する「普通の基準」が上がる

1.将来の仲間の輪が広がる

将来、就職したときに同じ出身校で輪ができたりします。
慶応とか早稲田とか。。
有名校の人たちというのは中学受験を経験している人も多いので
そういう人たちでコミュニティが作れるのです。

一言でいえば、人脈ができるということですね。

私も大学をでていますが、有名大学ではありません。
今でもそうですが出身大学を言うのはちょっと躊躇う部分もあります。

2.公教育がダメ

公立の学校と塾では役割が違います。

学校は、集団生活を学ぶ場なのです。
運動会や修学旅行などを通して社会性を身につける場所です。

その学校に高度な教育はできないのです。

3.勉強に対する「普通の基準」が上がる

早いうちに受験を経験することで、勉強に対する考え方が変わります。
勉強に対する「普通の基準」が上がるのです。

これは私も経験があります。
税理士試験の勉強をしていたときに感じました。

知人が資格試験の勉強をしているというので、
一緒に自習室で勉強したことがあったのですが、
ちょっとやっただけでその知人は帰ってしまったのです。

後で聞いたら、その日の分は終わったからと。。。

競争試験に本気で取り組んでいる人と
そうでない人では勉強に対する意識が違ってきます。

早いうちに受験を経験させることで
勉強の「普通」という基準を上げることができます。

お金がないと中学受験は無理?

中学受験はやった方がいいとは思うけどお金がかかりますよね。

小学校4年生くらいから塾に通わせる必要がありますから、
それなりにお金がかかってしまいます。

お金が無いと中学受験は無理なのか?

私はそうは思いません。

家や車を買わずにその分を教育費に充てれば中学受験も可能でしょう。

家や車は買わなくても大丈夫です。

 

子供の教育費をどうしよう、と悩んでいるなら家や車を買わないという選択肢もあります。

中学受験は「受験しない」という選択もできる

中学受験は高校受験や大学受験との違いがあります。
それは義務教育かどうか、ということ。

つまり、中学受験をしないという選択もできるということです。

今は高校受験をしない、ということはあまりないでしょう。

中学受験をする人は少数、しない人が多数。
高校受験をする人は多数、しない人は少数。

中学受験をするとなると、勉強に時間を取られますよね。
その分、他のことができなくなります。
スポーツ・習い事・家族との旅行・友達と遊ぶ、これらを犠牲にする必要があります。

あえて受験せず、スポーツや習い事に熱中させるという選択もあります。

中学受験は合格がすべてではない

友人で中学受験した人がいます。
今では土地家屋調査士の資格をとりフリーランスとして活躍しています。
私は公立学校ですが税理士の資格をとりフリーランスになっています。

士業としてフリーランスになったという点は一緒です。
どちらが良かったのかというのはわかりません。

現時点では、士業でフリーランスという同じところに着地しています。

中学受験は合格がすべてではありません。
生きていく力をつけることができるかどうか、が重要です。

考えるのは親だけど受験するのは子供

子供のことを考えてあげるのは親しかいません。
中学受験するかどうかを考えるのも親の役目です。

私が子供の頃には中学受験をする人は少数でした。

今では中学受験も珍しくなくなってきましたよね。
学校や習い事などの場で中学受験という話題がでることもあるでしょう。

みんながやっているから、というのはきっかけとしてはいいでしょうが
それだけのために受験を決めることはしないようにしましょう。

受験するのは子供です。

子供がやりたくないのに無理にやらせても失敗するでしょう。

お受験ママにならないように気を付けないといけません。

まとめ

今回は講師(友人)に話を聞きましたが、
講師が「受験はやめた方がいい」なんていうはずないですよね。
不動産会社が家を買った方がいい、というのと同じです。

不動産屋と違うのは、理由を聞いてみると納得できる部分があったことです。

小さいうちに受験を経験することで勉強に対する意識がかわる、ということが非常に納得しました。
勉強に対する「普通」の基準が上がる、、これって重要なことですよね。
これだけで他の子と差をつけられるでしょう。

とはいえ、受験しないという選択も忘れてはいけません。

受験により勉強に時間が取られる。
友達と遊べない、旅行もいけない、部活もできない。。。
本人がそれでもいいというのなら受験もありでしょう。

私の子供はまだ4歳ですが、中学受験は前向きに考えています。
本人次第ですが、できれば受験させたいですね。

まだ10年近くあるのですが。。。


【関連記事】

【編集後記】
昨日からクールビズにしました。
やはりネクタイがないと楽ですね。
スーツ自体をやめたいのですがなかなか。。

【イクメン日記】
長男がすごい虫に刺されています。。。
痒くもなさそうなので何だろう。

 

お知らせ
■税務調査に関する記事をまとめてkindle本にしました。 kindleの読み放題unlimitedを利用している方は無料で読めます。 → 税務調査は基本を知っていれば怖くない!
       

こちらの記事もオススメです