ディズニー好きなイクメン税理士

子育てに力を入れているイクメン税理士・ディズニー税理士

購入か賃貸か?住宅購入の本当のリスクは「自由度がなくなる」こと。

calendar

reload

購入か賃貸か?住宅購入の本当のリスクは「自由度がなくなる」こと。

住宅購入の本当のリスクは、自由度がなくなることです。
住宅ローンが重荷になって転職もできない、引っ越しもできない、好きなモノが買えない。
こうならないためにも知識をつけてから買うようにしましょう!

自宅に中古マンションのチラシが入っていました。

一見すると非常にお得に見えます。
ですが、これは「広告」だということを忘れてはいけません。
お得に書いてあるに決まっています。

住宅購入にはリスクがあることを確認しておきましょう。
購入するときにはリスクを把握した上で!

 

2015-05-16 22.28.23

住宅購入と賃貸、どっちが得?

よく議論されるところですが、
購入と賃貸、どっちが得でしょうか。

お金の面でいえば、どちらも変わらないはず です。

購入が得なら、誰も借りなくなるので家賃が下がるでしょう。
賃貸が得なら、誰も買わなくなので住宅の価格が下がるでしょう。

どちらかが明らかに得、ということになってしまうと、
もう片方の価格が安くなるはずなのです。

なので、お金の面でいうと「どちらも変わらないはず」です。

誰が試算するかで得か損か決まる

どちらも変わらないはず、とは言っても
雑誌などでは「買った方が絶対得」とか「賃貸がいい」
なんてことを言っています。

住宅の購入というのは30年とかのローンを組んで買うものです。
金額も高額です。

つまり、長期間であり高額なのです。

計算の仕方でどちらにもなる

このような長期間で高額という条件だと、
損か得かというシュミレーションをするときには
わずかな設定の差により大きな差が生まれます。

金利が0.1%違うだけで全然金額が違ってきたり、
年数をちょっと短く(長く)しただけで結果が変わってきます。

すると、不動産屋が計算するとどうなるか?

察しはつきますよね。。。
絶対に購入が得、となるはずです。
そうなるように計算しているんですよ。

逆にファイナンシャルプランナーのような「家計を改善します」、
と言っているような人だと賃貸がいい、と言うでしょう。
(購入というリスクを避けるため)

家の購入を検討するときには、
このようなことを念頭におかないといけません。

住宅ローンは借金して株を買うのと同じ

お金だけ考えると、
住宅ローンで家を買うのは借金して株を買うのと同じです。

借金して株を買うなんて、ものすごくリスクがありますよね。
株をやらない人でも、「ヤバいでしょ」と思うでしょう。

住宅ローンもこれと同じです。

得かどうかは値上がりするかどうか

家も同じなんです。

家を買って得するかどうかは、
今より値上がりするかどうか、で決まります。

損か得かを考えるのは、値上がりするかどうか を考えることと同じです。

感情が入るからややこしくなる

株とちがって家の場合は感情が入ります。
「持ち家」になる、という心理はかなり大きいですよね。

購入か賃貸か、という問題には感情が入ってくるのでややこしくなります。

お金だけで判断できれば簡単なのですが、
「周りは買っている」、「年齢的にそろそろ」、「自分の家になる」
このような感情が入るから難しくなります。

住宅購入の本当のリスク

住宅を購入することによるリスクはいくつもあります。

・修繕費は自分で行う
・住み替えのリスクがある
・ローン金利の上昇

など。

ただ、本当のリスクは『自由度がなくなる』ことです。

お金が縛られる

お金で考えると、
せっせと貯金してきたものを住宅購入に充ててしまうと他のことに使えません。

500万円を頭金に使ったらその500万円は他のことに使えません。
その500万円で事業を興したり、海外旅行に行くこともできなくなります。

貯金は自由に使えるものなのに、
住宅を購入すると住宅にしか使えなくなるのです。
他のものに使えなくなります。

自分の可能性を奪っている、とも言えるでしょう。

生活が縛られる

生活でも縛られます。

どの場所にどんな広さの家に住むことがベストなのか?

これはそのときによって変わりますよね。

20代なら仕事第一で狭くてもいいから職場の近く、
子どもができたら田舎で広めの家がいい、など。

そのときによりベストな家というのは変わります。

住宅を購入すると、ずっとその家に住むことになりますので
そのときのベストな家に住むことができなくなるリスクがあります。

もちろん、住み替えも可能でしょうが
すぐに売れる・賃貸に出せるとは限りません。

まとめ

住宅購入を購入すると、自由度が下がる のは間違いありません。
お金の面、生活の面、仕事。

購入か賃貸かを考えるときにはこの点も考慮しましょう。

金利が低いから買い時、ではなく買い時は自分で決めるのです。

 

以前こんな記事も書きました。

 

【関連記事】

【編集後記】
ディズニーに行ってきました。
疲れたけど楽しかったです。
現実世界に戻るのが嫌になりますね。

【イクメン日記】
サプライズにしようと思ったのですが
舞浜駅の3駅くらい手前で「ディズニー行くの?」と
バレてしまいました。

       

こちらの記事もオススメです